飯田 猛さんのご本を紹介します。
『森のたからもの探検帳』。 世界文化社からこの秋出たばかりで、好評発売中です。

『森のたからもの探検帳』
『森のたからもの探検帳』
http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/16426.html

飯田さんは、編集者として数々のヒット作を世に出してきた方で、
ぼくの『散歩で見つける 虫の呼び名事典』(2013年 世界文化社)も飯田さんの編集です。
発売から3年経ったこの夏も、ごく短期間とはいえアマゾン「昆虫学」ランキングの
1位になっていましたから、ヒット作と言ってよいでしょう(笑)。

『森のたからもの探検帳』は、生きものが森に残した痕跡を、
すてきな文章とビジュアル(写真&イラスト)で紹介した本です。
飯田さんがこういうものに興味をお持ちだということは知っていましたが、
こんなにも深い造詣と、いつくしむようなまなざしで
それらを見つめているとは知りませんでした。
リスが松ぼっくりを食べたあとの、エビフライそっくりの落としもの。
アカネズミによるクルミの食痕や、さまざまな木の実のコレクション。
そして美しい落ち葉や、鳥の羽の落としものなど。
読み終えたあと、すぐにも森へ探しに出かけたくなるほど魅力的に描かれています。

ぼくは痕跡よりも、生きものそのものを追いかける毎日を送っていますが、
それは時に、その生きものの生活に大なり小なりのダメージを与えることにも繋がります。
この本の中には、鳥の巣も出てきますが、そこには
「子育てが終わったら多くの鳥の巣は無用となり朽ちていきます。
 ですから鳥の巣の採集をためらう倫理的な問題はありません」 と書かれており、
このように一歩引いたスタンスで、「生きものの生きざまに、直接干渉はしない」
という姿勢こそ、生きものの痕跡からこれだけの魅力を引き出せる視点の
ベースになっているのかもしれないなあ・・・と思いました。

この本のユニークな点のひとつですが、森の落としものをどのようにプレゼントすれば
より人に喜んでもらえるか、といったところにまで気が配られており、
その方法を紹介した4ページは必見です。
ギフトボックスの展開図まで掲載されていて、このページを拡大コピーして作れば、
森の落としものが、すぐにも意外性のあるプレゼントに変身します。
メッセージも添えた完成品の写真が出ていますが、これは欲しい!と思いました。

掲載されている写真はどれも美しく、おそらくご自分で撮られているのではないだろうと
思って、大変に失礼なメールを送ったのですが、7割ぐらいはご自分の作品だそうで、
これには驚きました。ぼくの写真に厳しいダメ出しをされても、
今後は無駄な抵抗はせず、おとなしく撮り直さないといけません(笑)。

この本があまりにも売れすぎて、飯田さんの作家稼業が忙しくなってしまうと、
ぼくの本の編集をしてもらえなくなりそうで心配ですが、
そうならない程度のヒット? を祈りたいと思います。
2016.10.21  夜の公園で
 小高い丘の上に、樹木に囲まれた公園があります。
いちおう遊具などはあるものの、基本的にはほったらかしで草ぼうぼうであるため、
虫が棲むには「いい感じ」に荒れており、思いがけない虫に出会えることもあります。

小さな子供がお母さんに連れられてここにやって来ると、最初は遊具で遊んでいるのですが、
そのうち、足もとでぴょんぴょん飛び跳ねるコオロギやバッタに興味を示し、
いつのまにか遊具を離れ、夢中になって虫を追いかけています。
子供が虫に興味を示すキッカケを作ってくれる「よい公園」で、
公園の維持管理が手抜きというのも、悪いことではないなあ・・・と思って見ています。

その公園に、ゾウムシを採集するため、真夜中にやってきました。
丘の斜面に樹木帯があり、丘の下からは、まったく見通しがきかないため、
わざわざ夜にこの場所を訪れる人はいません。

夜の遊具に・・・
「夜の遊具に・・・」

さして明るくもない外灯に浮かび上がる遊具は、昼とはまったく別の顔を見せており、
名状しがたい禍々しさを身にまとって、夜の公園に不健全な彩りを添えています。

そんな遊具で、1匹の大きなカマキリが遊んでいました。

夜に遊ぶオオカマキリ
「夜に遊ぶオオカマキリ」

ぼくに気づき、しばらくは見つめ合っていましたが、
何か不都合なことでもあるのか、その後は、いっさい目を合わせようとしません。
公園に来る子供たちと交替で、毎晩、日が暮れるとここで遊んでいたのでしょうか。
知的生命体と言ってよいような、ただならぬ雰囲気をもつカマキリで、
それ以上の干渉を、背中で拒否しているかのようでした。

ひびく足音
「ひびく足音」

カツン、カツーン。
遊具の上をカマキリが歩き始めると、意外にも足音が大きく響きます。
ふと歩みを止めると、もう一度だけ、ぼくを振り返りました。

もう一度だけ、振り返った
「もう一度だけ、振り返った」

(早 く 帰 っ た ほ う が よ い)と言っているように見えたので、
このカマキリとの奇妙な「交信」を打ち切り、素直に丘を下りました。

まるで催眠術にかけられたかのような、不思議な数分間でしたが、
丘を下りると、2台のパトカーが止まっており、
ライトを持ったおまわりさんが、こちらに向かって近づいてきます。
ぼくが不審者として通報されたのかと思い、ドキッとしましたが、そうではなく、
「公園でケンカをしている連中がいる」、という通報があったそうです。
「ケンカを見ませんでしたか?」と訊かれましたが、
オオカマキリに出会う前からであれば、1時間以上は公園にいたのに、
その間、誰ひとりここには来ませんでした。

何とも不思議な真夜中のできごとで、
・ じゃまなぼくを立ち去らせるため、あのオオカマキリが警官を呼んだ? 
・ それとも、公園でその晩、起きるはずだった危険なできごとを予知し、
  警官を誘導してぼくを守った?

まったく非科学的な空想ですが、
そんなことを考えてしまうほど、ただならぬ雰囲気をもつ不思議なオオカマキリでした。
遊具のてっぺんから、どこか別の世界に戻っていったのかもしれません。

そしてどこへ?
「そしてどこへ?」

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
カブトムシゆかりちゃんが、ぼくの本をツイートしてくれました。
https://twitter.com/KBT_Yukari/status/773406778805583872
ありがとうございます。 ご購入はこちら↓から。
http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-1025-2/catid/2/Default.aspx

ゆかりちゃんの本はこちら↓です。
http://www.bun-ichi.co.jp/Default.aspx?TabId=57&pdid=978-4-8299-7207-6
117ページには、「虫とツーショット Collection」が。

どちらも、文一総合出版から出ています。
 ベランダに置いたエノキの鉢植えで、オオムラサキの幼虫が育っています。
現在は3齢(孵化から2度目の脱皮を終えた状態)で、どんな4齢幼虫になるか、
興味津々で見ているところ。

オオムラサキは、終齢(さなぎになる直前の齢期)の齢期がはっきり決まっておらず、
6齢または7齢のいずれのケースもありえます。
越冬後の脱皮回数については決まっており、越冬明け3度目の脱皮でさなぎになるので、
4齢で越冬すれば6齢が終齢、5齢で越冬すれば7齢が終齢、ということになりますね。

暖地では5齢越冬、寒地では4齢越冬ということになっていますが、
山梨県産の母チョウから採卵し、マンションの暖かいベランダで育つ幼虫が、
ここを暖地と判断するか、寒地と判断するか、判断の難しいところ。
気温よりも日長条件が優先するとはいえ、本来は「寒地」に分類される関東地方でも、
房総半島などには5齢越冬する個体群がおり、気温ファクターもゼロではないはずです。

北海道産を暖地で飼育すると、明らかな「暖地」であっても4齢で越冬するそうで、
プログラムの書き換えが、すぐには間に合わないようですね。
山梨県産のプログラムが発動すれば、こちらでも4齢で越冬することになるでしょう。
越冬幼虫は、落ち葉の下にもぐりこむためか、ツノの短い特殊な姿になるので、
次の脱皮でどんな「顔」になるかで、4齢越冬か5齢越冬かがわかります。

オオムラサキの2齢幼虫の止まり姿勢
「オオムラサキの2齢幼虫の止まり姿勢」

2齢のうちは、みな葉っぱの先端付近に、こうして葉柄に顔を向けて止まっていましたが、
3齢になると、同じようなポーズではあっても、若干、位置決めがルーズになります。
幼虫は、食べる葉と、居所として落ち着く葉とをはっきり分けており、
居所の葉から出かけて行って、別の葉を食べてまた居所の葉へ帰ってきます。
同じ母チョウから産まれた幼虫でも、居所をひんぱんに変える者と、
枯れそうに変色してきても、同じ葉から動かない者と、それぞれ個性があって面白いです。

ひだ状突起のほとんどない個体
「ひだ状突起のほとんどない個体」

個性といえば、こんな奇妙な風貌の幼虫が1匹おり、注意して見守っていますが、
特にハンデがあるとは思えず、すくすくと育っています。
兄弟たちが、みな3齢なので、これもおそらく3齢と思いますが、
背面に4組あるはずの、ひだ状の突起がほとんどありません。
のっぺらぼうのような背中です。
背面のひだ状突起を横から見たところ(6齢幼虫)
「背面のひだ状突起を横から見たところ(6齢幼虫)」

ハンデといえば、こんな幼虫もいます。
ツノの一方が根元からない個体。

ツノの一方がない3齢幼虫
「ツノの一方がない3齢幼虫」

この幼虫のツノの欠損については、全面的にぼくに責任があります。
タッパー容器で飼育をしていた2齢幼虫前期までの間に、
誤ってツノを切り落としてしまったのです。

幼虫は、居所の葉に糸を吐きつけ、その糸の台座に脚を絡めて体を固定しています。
台風が来ても葉から落ちないのは、脚が台座の糸に絡んでいるからで、
幼虫を傷つけないようにこの台座から安全に引きはがすのは、至難の業です。
そこで、エサの葉をひんぱんに替えてやらねばならないタッパー飼育では、
幼虫だけを新しい葉に移すことをあきらめ、はさみで葉っぱを切りぬいて、
幼虫を載せた小さな葉片ごと新しい葉に移し替えるのですが、
その際に手もとが狂って、ぼくが片方のツノを切り落としてしまったのです。

緑色の体液があふれ出し、これでこの幼虫はおしまい・・・、と肩を落としましたが、
その後もちゃんと成長して脱皮し、半月以上にわたって生き続けており、
何ごともなかったかのようにすくすくと育っています。
どこかのタイミングでツノは再生に向かうのか、あるいは、ツノのないまま成長が進み、
ちゃんと成虫まで育つのか、そしてそれはどんな姿の成虫なのか、
興味を持って見守っています。
こんな状態にしてしまったのはぼくなので、この幼虫を見るたびに胸は痛みますが・・・。

うどんこ病菌を食べるキイロテントウの幼虫
「うどんこ病菌を食べるキイロテントウの幼虫」

この時期のエノキは、うどんこ病菌に冒されて、葉裏が白くなることが多いのですが、
病変が軽度ならば、オオムラサキの幼虫も葉を食べるようです。
そして、どんなものでも必ず食料にしてしまう者たちがいる昆虫たちの世界で、
うどんこ病菌を食料に選んだキイロテントウの幼虫が葉裏に見られます。

ベランダの1本の鉢植えの葉上でも、さまざまなドラマがあり、
秋を迎え、これから落葉に向けてゆるやかに変化していくエノキの葉の上で、
オオムラサキの幼虫の体内でも、同じスピードで落葉に向けての備えが
できていくのでしょう。

あとは、幼虫が木から下りたいタイミングで、ぼくがしっかりと回収してやらねば
なりません。幼虫が冬を過ごす、ふかふかの落ち葉のじゅうたんは、
鉢植えの根際にはありませんから。
 9月4日(日)のこと。 テレビのお天気コーナーで、
「秋の気配も感じられるようになり、昨日は横浜でコオロギの初鳴きが聞かれました」、
と言っていましたが、これがもし、気象報道のプロという立場からの公式コメントで、
テレビを通じて発信するほどの公益性のある情報ならば、
相当にレベルの低い観測が行われていることになります。
関東平野におけるコオロギ類の初鳴きであれば、1ヶ月も前に記録されていなければ
おかしく、8月3日ならともかく、9月3日まで気づかないでいるようでは、
観測の意義がありません。お盆を過ぎてから、ヒマワリの開花に気づくようなものです。

エンマコオロギのオス(白バック)
「エンマコオロギの♂(白バック)」

ヒグラシもよく、「秋の気配」の引き合いに出されますが、虫をよく知る人から見れば、
こちらも「少しも自然を見ていない」と言えますね。「涼しくなってから鳴くセミ」と
思い込んでいる人が多いのですが、誤って秋の季語にされてしまったことの影響でしょう。
関東平野で鳴く5種類の夏のセミのうち、ヒグラシはニイニイゼミ(6月下旬)に次いで
2番目に出現が早く、7月なかばにはその声を聞くことができます。
鳴き声がいかにも涼しげであるからといって、
よく観察もせずに秋の季語としてしまうのは、あまりにも短絡的です。

そのヒグラシもほぼ死に絶える9月を迎えて、
ようやく、「カブトムシvsクワガタムシ」の撮影を済ませました。
季節感に疎い人をこきおろしたばかりですが、
ぼくの仕事の「季節遅れ感」も相当なものです。
「カブトムシvsクワガタムシ」は、需要の多い写真ですが、
それだけに発表した写真が新鮮さを失いやすく、常に新作を求められます。
毎年、新作を撮らねばならないことはわかっているのですが、
ほかの撮影に時間を取られ、「ああ、今年も新作が撮れなかったなあ・・・」
ということが続き、「今年こそは!」と思っていました。
飼育下のカブトムシ、クワガタムシが次々に死に始めたので、一刻の猶予もなく、
ようやくスタジオにセットを組んで撮影したというわけです。

9月にこんな撮影をしているというのは、もう2学期が始まっているのに
夏休みの宿題を残しているようなもので、昆虫写真家としては本来あるまじきことです。
2週間以上も前から、ツクツクボウシの鳴き声が
(宿題やったか? 宿題やったか? やったかやったか・・・?)と聞こえるようになり、
心穏やかでありませんでしたが、ようやく撮影を終えてスッキリしました。

カブトムシもノコギリクワガタも、もうオスが1匹ずつしか生き残っていなかったので、
同じモデルさんで、「闘い」の連続カットを何セットか撮らせてもらいましたが、
何度立ち向かっても投げ飛ばされる一方だったノコギリクワガタが、
最後は空中で半回転の「ひねり」を加えて反撃する、という面白い写真が撮れました。
そう何度も同じ手は食わないぞ! と学習したのか、
あるいは単なる偶然なのかわかりませんが、まあ、おそらくは後者でしょうね。
この闘いを最後に、カブトムシの方がマッチアップを拒否するようになってしまったので、
学習の効果かどうか、確かめることはできませんでしたが。

ノコギリクワガタの意外な反撃
「ノコギリクワガタの意外な反撃」

リオ・オリンピックの決勝で、投げにいった吉田沙保里選手が次の瞬間、
相手にバックを取られてしまうという悲しい場面がフラッシュバックしましたが、
体の硬い外骨格の昆虫の行動が、しなやかな人間の動作に重なって見えるというのも、
なんだか不思議な気がします。

カブトムシの投げが決まった瞬間
「カブトムシの投げが決まった瞬間」

勝敗は通常、このように決します。
それこそ、発表してしまうと新鮮さを失うので、
ベストショットの連続カットは、ここではお見せすることができませんが、
夏休みの宿題はやはり、コオロギの初鳴きの頃までには着手すべきですね。
きょう9月6日は母の命日ですが、母が今も生きていたなら、
「信夫は、小学生の頃から少しも進歩していない!」と言って叱られそうです。
 8月21日(日)に、「たまがわ・みらいパーク」で「昆虫写真の撮り方講座」を
行いました。 「みんなでつくろう! 立川いきものデータベース 第1弾 昆虫編」
という企画が近日中に始まりますので、それに備え、東京都立川市からのご依頼で
「昆虫の探し方、近づき方、撮影のコツ」などをお話しさせていただきました。

「立川いきものデータベース」サイトの、プレオープン版がこちらで見られます。
https://ikimono-tachi.jp/
近日中に本格稼働の予定で、写真の投稿資格は、立川市民でなくてもよいそうです。

講座は、
(1)スクリーンに投影した作例写真をご覧いただきながらの座学
(2)室内での撮影指導
(3)野外での実習
と3つのステップで行いました。

座学の時間(Kさん撮影。以下同)
「座学の時間(Kさん撮影。以下同)」

黄色の矢印がぼくです。
小学生からシニア層まで、幅広い年齢のお客さんにお越しいただいたため、
もしかしたら、お子さんには少しむずかしいお話もあったかもしれません。

室内での撮影指導(参加者の方にはモザイクをかけてあります)
「室内での撮影指導(参加者の方にはモザイクをかけてあります)」

「ムシムシ探検隊・立川」の加藤さんと千葉さんにご協力をいただき、
カブトムシ、ノコギリクワガタ、ゴマダラカミキリ、ナナフシなど、
前もって採集していただいた昆虫をモデルに、まずは室内でのウォーミング・アップ。
逃げられるかもしれない・・・という不安がないと、
思う存分、さまざまな撮り方を試してみることができます。

参加者のみなさんのカメラは、一眼レフあり、ミラーレス一眼あり、コンデジあり、
そして、スマホやタブレットまであって、フィルムカメラで育ったぼくとしては、
新しい時代を感じます。タブレットなどは、撮影後の表示画面がパソコン並みに大きく、
目の前にいる実物の昆虫よりも、表示サイズの方がはるかに大きいわけですから、
迫力満点です。

野外での実習(参加者の方にはモザイクをかけてあります)
「野外での実習(参加者の方にはモザイクをかけてあります)」

抜けるような青空のもとでの野外実習。
前日までの雨の予報が嘘のようです。
野外では、虫を見つけること、逃げられないように近づくこと、
これら「撮影以前」の段階が意外にむずかしいものだということも、
実際に体験してみないとわかりません。
多摩川の河川敷は明るく、この日はそれほど風も強くなかったため、
撮影には絶好の条件でしたが、ひとたび雑木林に入れば
撮影に十分な明るさがなかったり、あるいは、ヤブカの猛攻撃を受けたり、
そのうえ強い風でも吹くと、撮影の難易度はぐんと高まります。

昆虫撮影では、前かがみになることが多いため、暑い季節には
額から流れ落ちる汗で、メガネのレンズがびしょびしょにもなることもあります。
そうなると、肉眼で昆虫をしっかりとらえることさえむずかしくなるため、
メガネ使用者はヘアバンドなどで、流れ落ちる汗をせきとめた方がよいということも、
座学の時間にお話ししました。

講座に参加されたみなさんは、その後、傑作が撮れたでしょうか?
「立川いきものデータベース」への、すばらしい投稿をお待ちしています。