立教大学の野中健一教授にお誘いいただき、
昆虫食パーティー「ムシパ」に参加しました。
野中先生は、ご専門が「環境地理学」や「民族生物学」で、昆虫食文化研究の権威。
『虫はごちそう!』(小峰書店)や、『虫食む人々の暮らし』(NHKブックス)
などのベストセラーがあります。

ぼくは昆虫を食べることに、全く抵抗はありませんが、口に入れてしまうと
写真は撮れなくなるので(笑)、ふだんは食べる機会が全くありません。
透明の袋に入った昆虫食材がズラリと並ぶと、期待に胸が高まります。

さまざまな昆虫食材
「さまざまな昆虫食材」

メニューは、セミ、カメムシ、シロアリの女王、シロアリのワーカー(働きアリ)、
バッタ、地蜂(=クロスズメバチ)、カイコ(蛹)、モパニムシ(幼虫)など。
地蜂とカイコ以外は外国の昆虫で、「モパニムシ」というのは、
「モパニ」の葉を食べるという、南アフリカ産のヤママユガ科の蛾の幼虫だそうです。
昆虫本来の味を損なわないように、まずは薄味のクラッカーに載せた状態で、
シロアリやバッタなどをいただきます。

シロアリ(女王)、シロアリ(ワーカー)、バッタ
「左から、シロアリ(女王アリ)、シロアリ(働きアリ)、バッタ」

バッタは、「チャップリン」と呼ばれるメキシコ産の種類だそうで、
シロアリは、産地はうっかり聞きそびれてしまいましたが、
「働きアリより、女王アリの方がおいしい」とか。
イナゴの佃煮を食べた経験はあるので、かなり濃い味を想像していましたが、
どの虫も、意外なほどの薄味。途中からはクラッカー載せをやめて、
しっかりと味わえるように、虫だけをいただくことにしました。
シロアリは、確かに女王の方がずっとおいしい。味以前に、舌ざわりが全然ちがいます。
働きアリは「兵アリ」と呼ばれる大あごの発達したタイプで、
それでひときわ硬く、舌ざわりがよくないのでしょう。

セミ、カメムシ、カイコ(蛹)
「左から、セミ、カメムシ、カイコ(蛹)」

虫だけで味わってみた3種。
カイコの蛹だけは、これまでにも食べた経験があるのですが、
「ものすごくまずかった」という記憶しかありません。
「粉薬の詰まった袋」といった食感で、前に食べた時は、
噛んでいるとむせてしまいそうでした。そのくせ、袋(=外皮)の方は硬く、
いつまで噛んでいても口の中から消えてくれない、そんな印象を持っています。
今回の調理法では、そのあたりが多少改善されている・・・というお話でしたが、
う~ん、どうかな?(笑)。やはり、カイコの蛹はぼくの口には合わないようです。
「ナッツのような味がする」という評判のセミは、実際にそのとおりでビックリ。

宴もたけなわ
「宴もたけなわ」

野中先生の、おもしろくてためになるお話を聴きながら、
その場で昆虫を次々に味わってみられるというのは、なんとも贅沢なひとときです。
意外なことに、女性の参加者のほうが多く、中にはこんな方も。

野中先生と、小尾渚沙アナウンサー
「野中先生と、小尾渚沙アナウンサー」

野中先生の教え子にして、今は文化放送の人気アナウンサー、
小尾 渚沙(おび なぎさ)さんです。
アイドルアナとして、同期のアナウンサー2名と3人組のユニット「JOQガール」
を結成し、CDも出されています。
文化放送のコールサインはJOQRなので、「JOQガール」は、そこからの命名ですね。
虫など、絶対に食べそうにない方に見えますが(笑)、
しっかりと味わっていらっしゃいました。さすがは、野中ゼミ生。

地蜂と、地蜂ごはん
「地蜂と、地蜂ごはん」

地蜂(クロスズメバチ)のごはん。
やはり日本発のメニューは、ひときわおいしく感じられます。
噛んでいると、鼻から甘い香りが心地よく抜けていきますが、
ハチそのものの味が、ごはんを甘くしているそうです。
容器に入っているのが食材の状態。幼虫と蛹です。
蛹は、色づいて黒くなった羽化まぢかのものと、色づく前の、未熟なもの。
未熟な状態の方がやわらかく、おいしく感じられますが、
羽化まぢかのカリッとした感じも、これはこれで魅力的だと思います。

モパニムシのミネストローネ
「モパニムシのミネストローネ」

本日のメインディッシュ、「モパニムシのミネストローネ」。
イモムシの姿そのままのビジュアルなので、絶対にイヤだという人もいるでしょうね。
味は、正直に言えば、期待したほどおいしくはなかった(笑)。
イモムシのやわらかなイメージから想像したよりも、外皮が非常に硬く、
この食感が、味わいをかなり損なっているのではないかな・・・と思いました。
昆虫は外骨格ですから、外皮は硬くて当然なのですが、外皮を取り除くだけで
味が5割増しになるのでは? と思えるものがいくつかありました。

デザートなど
「デザートなど」

左から、シロアリのヌテラ(チョコレート風味の甘いスプレッド)、
エリサンの缶詰め、そして、食べものではありませんが、
カメムシと蘭から「におい成分」を抽出して作られたという、タイの香水。
これは文句なしに、よい香りがしました。

昆虫食材は高エネルギーで、少しの量で、満腹感が得られやすいのだそうです。
そうとは知らずに、虫だけでは足りないのでは・・・と思ったぼくは、
軽くおそばを食べてから参加したのですが、いらざる心配でした。
2013年には、国連食糧農業機関(FAO)が、「世界的な食糧問題の対策の一つとして
有益な食材になり得る」と、昆虫食を推奨する内容の報告書を発表し、
当時、各種メディアから「昆虫食が世界を救う!?」として大々的に報道されましたが、
日本でも本当に、昆虫があたりまえのように食卓に並ぶ時代が来るのかもしれませんね。

それにしても、楽しいパーティーでした。
野中先生、ありがとうございました!