2016.05.25  新潟へ
 5月14~15日は新潟へ。

関東平野では会えない虫を求めて、虫仲間と新潟で1泊してきました。
十日町市の貸し切り古民家を拠点に、上越市など周辺の地域も回り、
いちばん遠くは関田峠あたりまで向かいます。

オトシブミの雌雄
「オトシブミの雌雄」

早朝に埼玉を出発したので、9時前には現地に到着。
林縁に車を停めて歩き出せば、すぐにおびただしい虫たちの気配が押し寄せてきます。
見上げれば、ちょうど揺籃(ようらん)製作中のオトシブミのメスと、
そのメスに覆いかぶさるオスの姿が。
交尾を終えたメスにとって、作業中にまとわりついてくるオスは邪魔になるだけですが、
オスとしては、絶対にほかのオスにメスを奪われたくないのでしょう。
交尾していなくてもメスに覆いかぶさり、接近するほかのオスを牽制するこの行動は
「メイトガード」などと呼ばれ、樹液場のクワガタムシなどでもよく見られます。
寄主植物は、どうやら日本海側の豪雪地帯に多いというミヤマカワラハンノキのようで、
クリの葉を巻くオトシブミはよく見ますが、
ぼくにとっては、この樹種自体が初めて見るものです。

クロルリトゲハムシ
「クロルリトゲハムシ」

草地に下り立つと、クロルリトゲハムシの姿が。わずか4ミリほどの小さな虫です。
寄主植物はススキ。 「トゲハムシ」より、「トゲトゲ」という昔の呼び名の方が、
この虫のキャラを立てるには、ずっとよい名前だったと思いますが。

ギフチョウの交尾嚢
「ギフチョウの交尾嚢」

仲間が採集したギフチョウのメス。
交尾が済むと、オスはメスの生殖器に交尾嚢(交尾栓)と呼ばれる貞操帯をつけます。
この、板状の貞操帯でおなかが覆われていれば、ひと目で交尾済みであることがわかる。
メスに浮気を許さないためには、この上なく効果的な方法ですが、
オトシブミの「メイトガード」に比べれば、相当に乱暴なやり口ですね。
それにしても、少し離れたところでは、たくさんのウスバシロチョウ(ゴールデン
ウイーク明けに現れる、まさにこの時期のチョウ)が舞っているというのに、
同じような場所で、早春のチョウの象徴的存在であるギフチョウが見られるとは・・・。
両種の発生時期は、本来ならば1ヶ月以上ずれています。
この地域では特に珍しいことではないらしく、今回の旅では、
かなり接近した場所で、あたりまえのように両種が見られました。

新芽に止まるユキグニコルリクワガタ
「新芽に止まるユキグニコルリクワガタ」

芽吹いたばかりのブナやトネリコに集まってくる、ユキグニコルリクワガタの雌雄。
名前を分解して「雪国・小・瑠璃・鍬形」とすると、意味がよくわかりますね。
メスは芽にもぐりこんでおり、体の後半部しか見えていません。
これも、オスによる「メイトガード」ですね。
画面左下に、白っぽくボケているもの(矢印)が見えますが、残雪です。
その部分のアップがこちら。

残雪
「残雪」

早春の虫と初夏の虫が、接近した場所で同時に見られるのは、
わずかに標高を上げるだけで残雪が見られるという、この地域特有の気候が
関係しているのでしょう。

強い光沢を持ち、「コルリクワガタ界」でも群を抜く美しさと言われる
ユキグニコルリクワガタ。 非常に「白バック映え」する虫です。

ユキグニコルリクワガタの雌雄(白バック)
「ユキグニコルリクワガタの雌雄(白バック)」

宿に帰り、みんな(19人)で乾杯して、盛大に酒盛りを始めましたが、
ぼくは途中でちょっと抜け出して、古民家の裏手にある池へ。
ここへ到着したときから、何がいるか気になっていたので、
網を入れて底をさらってみたかったのです。

古民家の裏の池
「古民家の裏の池」

大したものはいなかったけれど、
ライトの灯りに、水面を歩く怪しい影が浮かび上がりました。
何だこりゃ? ひと目見ただけでは、分類群さえわかりませんでした。
網で掬い上げてみると、トビケラの蛹のように見えますが、
何しろ、水面の浮遊物の上をスタスタ歩いていたのです。
蛹がここまで自由に動けるものでしょうか。
見ていると、網をよじのぼって、逃げようとさえします。

室内に連れて帰り、周りの虫屋さんに見せますが、
ズバリ言い当てられるメンバーがいません。
とりあえず、資料として残しておくために、白バック上で証拠写真の撮影を始めると、
ほどなく、背中の一部が盛り上がってきました。
(おう! これは羽化だ。やっぱり蛹だったのか!)
期せずして、白バック上で、エグリトビケラの羽化の一部始終を撮ることができました。

エグリトビケラの羽化(白バック)
「エグリトビケラの羽化(白バック)」

ストロボの配光を自在にあやつれるスタジオ白バックとちがい、
宴会の座卓の端においたコピー用紙に虫を載せただけの簡易白バックですが、
なかなかおもしろい写真が撮れました。
こんなにもテキトーなセットで撮っています(最後の色づいたカットだけはスタジオです)。

エグリトビケラの羽化を撮る「昆虫王」チャンピオン
「エグリトビケラの羽化を撮る「昆虫王」チャンピオン」

むこう側からねらうのは、虫の世界では誰ひとり知らぬ者がいないという有名人、
TVチャンピオン「昆虫王」の長畑直和さんその人です。
こんな濃い(濃すぎる?)メンバーとともに、
「越後合宿」の夜はにぎやかに更けていきました。

※ 長畑さんのお名前に、埼玉昆虫談話会の公式サイトへのリンクが張ってありますので、
  左側メニューの「昆虫王の部屋」というところからお入りください。