上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.30  4月の断片
 4月ももう終りで、今月はたったの2回しかブログ更新ができなかったか・・・
と忸怩たる思いですが、企画撮影を予定どおり進めるだけで時間を使い果たしてしまい、
ほかの撮影が、ほとんどできない状態でした。すみません。
そんなわけで、断片的な報告を。

シオヤトンボの羽化殻(ぬけがら)
「シオヤトンボの羽化殻(ぬけがら)」

4月9日。東京都下の里山です。
田んぼのへりで見つけたシオヤトンボの羽化殻。
当日羽化したばかりと思われるテネラル(新鮮)な成虫の姿も近くで見かけました。
マクロレンズで撮ったあと、春の感じを出したくて、対角線魚眼レンズでもう1枚。

ツマキチョウの相合傘
「ツマキチョウの相合傘」

4月12日。東京・池袋の駅近くにて。
集合時間までのほんの30分、時間ができたので、
駅のそばの小さな緑地で撮ったツマキチョウの交尾。左がオスです。
「相合傘」の植物はムラサキハナナ。幼虫の食草でもあり、
おそらくは成虫の吸蜜源にもなっていると思いますが、なぜか成虫は花に止まらず、
吸蜜に訪れるのは、黄色い花を咲かせる植物のみ。

ツマキチョウの訪花(オス)
「ツマキチョウの訪花(オス)」

シロチョウ科は赤い色がよく見えないので、ムラサキハナナは赤そのものでは
ないとはいえ、近くに黄色い花があれば、そちらへ行くのかもしれませんね。

ハナグモに捕えられたツマキチョウ
「ハナグモに捕えられたツマキチョウ」

4月23日。さいたま市内の自然公園にて。
ハナグモに捕えられたツマキチョウのオス。
この公園はツマキチョウが少ないので、モンシロチョウならたくさんいるのに、
何もわざわざツマキを狙わなくても・・・とボヤきながらの撮影です。
ハナグモの腹部の模様が恐ろしい顔のようで、悪役感たっぷりですね。

板子一枚下は地獄?
「板子一枚下は地獄?」

撮影中にやってきたミツバチ。
板子一枚下では何が起きているのか、「知らぬが仏」とはこのこと。

講演会&観察会(助手のKさん撮影)
「講演会&観察会(助手のKさん撮影)」

4月24日。東京都北区にて。
毎年ご依頼をいただいている講演会&観察会(環境リーダー講座)。
室内で写真をご覧いただきながらお話をしたあと、外へ出て参加者のみなさんに
実際に虫を観察していただいているところです(黄色の矢印がぼく)。
この緑地にはムクロジの木があり、ヨコヅナツチカメムシが見られるはずなのですが、
今回は見つけることができず、ちょっと残念でした。

ここしばらく、38度台の発熱が続いており、体調は絶不調なのですが、
季節は待ってくれないので、休んでいるわけにもいかず、なかなか熱が下がりません。
いまだに地震が収束の気配を見せない九州の友人も心配で、
春を迎えた喜びのうすい4月となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。