「そろそろ?」と、虫仲間を誘ってみました。
仲間とはありがたいもので、たったこれだけのメールで了解してもらえます。
「うん、そろそろだね。土曜日はどう?」ということで、
27日の土曜日に、埼玉県内のとある川の土手に行ってみました。

お目当ては、早春にだけ出現する、「フチグロトゲエダシャク」という蛾。
埼玉県RDB2008で絶滅危惧I類とされており、どこでも見られるという蛾ではありません。
もともとは草原性の種だと思いますが、
平坦な草地は都市計画の格好のターゲットにされ、徹底的に開発されつくしたせいか、
人間が利用できない河川敷や、川の土手などに細々と生き残っています。

早春の土手
「早春の土手(フチグロトゲエダシャクの生息環境)」

10時すぎから土手に立ち、オスの飛来を待ちます。
メスには翅がなく、飛ぶことができないので、飛んでくるオスを待つのが定石です。
オスが突然、吸い寄せられるように地面に落下すると、そこにはメスがいて、
交尾も観察できるというのが、フチグロトゲエダシャク観察の方程式。

10:45にオスが飛来して、目の前の草に止まりました。
しかし、残念ながらそこにはメスの姿がありません。
草の入り組んだところに止まられてしまい、あまりよい写真にはなりませんでした。

フチグロトゲエダシャク♂
「フチグロトゲエダシャク♂」

早々に1匹が飛来したので、気温が上昇する正午にかけて次々に飛来するのでは?
と期待したのですが、その後は、いっこうに姿を見せません。
遠くの方を飛ぶ、それらしい姿を2度ほどチラッと見かけただけで、
3時間が過ぎてしまいました。
写真は、待ち時間に撮影したヒメフンバエのメス。春によく見かけるハエです。

ヒメフンバエ♀
「ヒメフンバエ♀」

川辺に生えているエノキの幹から、ボコボコとはみ出している組織。
いったいこれが何であるか、おそらく昆虫由来のものにちがいないと思い、
以前ずいぶん調べましたが、昆虫由来ではなく細菌性のもので、
「エノキこぶ病」と呼ばれるものらしいです。
見られるのは春先だけで、葉が茂る季節には消失するという印象を持っていますが、
それで合っているでしょうか?

エノキこぶ病
「エノキこぶ病」

13時を過ぎて、強い北風が吹き始めたので、これ以上は待っても無駄とあきらめ、
川の土手を下りることにしました。
幸先よく1匹目が来たというのに、最初の1匹が、最後の1匹になるとは。

水辺のある森
「水辺のある森」

近くの森の中へ移動すると、木々が風をさえぎってくれますが、
陽当たりが悪くなる分、差し引きゼロで、寒さはいっこうに解消されません。
水辺の多いこの森には、湿地を好むハンノキが多く、
冬になっても枝先に残る毬果(きゅうか)がよい目印となって、
これがハンノキだとすぐわかります。

ハンノキの毬果
「これが見つかればハンノキ」

ハンノキの樹皮に顔を近づけ、たんねんに見ていきます。
「あった!」
仲間が声を上げました。ミドリシジミの卵塊です。

ミドリシジミの卵
「ミドリシジミの卵塊」

ミドリシジミは、幼虫がハンノキの葉を食べるため、
ハンノキの多いこの森では毎年、多数の発生が確認されています。
卵の直径は、わずか0.85ミリほど。
7~8月の、産卵直後のきれいな卵とちがい、冬に見つかる卵は、
風雪に耐えてきた歴史を物語るかのように、ゴミやコケのようなものが
あちこちに付着しています。写真の卵も、ところどころが緑色になっていますね。

春のきざしを求めて出かけたフィールドでしたが、
「もうちょっと」、といったところでしょうか。
近々、ここを訪れるチャンスがもう一度あればよいのですが。