上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 兵庫県伊丹市にある「伊丹市昆虫館」で、
「企画展『だっぴ』・・・ひと皮むけましてん」が、あす27日(水)より始まります。

「企画展『だっぴ』・・・ひと皮むけましてん」のポスター
「企画展『だっぴ』・・・ひと皮むけましてん」のポスター

企画タイトルが、いかにも関西っぽいですね(笑)。
4月18日(月)まで、という長期開催で、ぼくの写真もたくさん使って
いただいておりますので、お近くの方はぜひご覧いただければ幸いです。
伊丹市昆虫館のサイトはこちら→ http://www.itakon.com/

顔ハメ看板
「顔ハメ看板」

観光地でよく見かけるような、顔ハメ看板。
企画展の間、館内に設置されるそうです。こちらも、ぼくの写真で作っていただきました。
「虫とツーショット」ではなく、「虫になってツーショット」ですね。
お子さんと一緒に、記念写真をどうぞ。

さて、前回の記事に書いた「プラタナスグンバイ」ですが、
やはり、あの木の樹皮下で集団越冬していることがわかりました。
といっても、ムクドリが本当に彼らを食べていたかどうかは、推測の域を出ませんが・・・。
3ミリ強ほどの小さな虫で、わずかな隙間にも身を潜めることができ、
浮いた樹皮をほんの少しめくるだけの、非常にせまい範囲でも発見できます。

樹皮下で越冬中のプラタナスグンバイ
「樹皮下で越冬中のプラタナスグンバイ」

「外来種」で、しかも「街路樹の害虫」というダーティーなプロフィールですが、
非常に美しい虫だと思います。
この場所はプラタナスの並木になっており、ほかの木でも探してみたのですが、
なぜか1匹も見つからず。この1本の木だけに集中しています。

環境条件がまったく同じに見えても、実際に虫に選ばれるのは、そのうちの1つだけ、
という現象は実は珍しいものではなく、たとえば同じような条件の沼が多数ある場所で、
たった1つの沼だけにゲンゴロウが集中している、といったケースはよくあることです。
われわれ人間にはわからないレベルの「微差」が、重要な選択指標となっているのか、
あるいは、フェロモンのようなものを出して「集合をかけている」のか。
それこそ虫になって訊いてみたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。