毎年のことながら、慌ただしい年の瀬です。
体の具合もあちこち良くないので、この1週間で5つもの診療科を受診しましたが、
「低値安定」とでもいうか、悪いなりに落ちついており、重篤なものは何もなし。
これで来年1年間もがんばれそうです。

クリスマスイブは、銀座や有楽町のあたりを通りかかりましたが、
イルミネーションの飾りつけとイチョウの黄葉が同時に見られました。
やはり、落葉時期が年々遅くなっているのでしょう。
2回前のブログ記事 「クモの巣の見本市」で紹介したクモは、
クリスマスイブにも円網を張っていましたが、この日を最後に姿を消しました。

12月24日に見たもの
「12月24日に見たもの」

26日は、虫仲間とフユシャク目当ての観察会。
2ケタの種に会えるのではないか・・・と期待して臨みましたが、
夏の間に大がかりな薬剤散布でもあったのでしょうか。
いつもたくさんのフユシャクが見られる緑地は、壊滅的な状態で、
早々にフユシャクを諦め、他の昆虫にねらいを変更しなければならないほどでした。

フユシャク観察会
「フユシャク観察会」

冬の昆虫観察は、虫の大きさに対するアンテナの感度を変えねばなりません。
5ミリあったら大きい方、と思って探さないと、そう簡単には見つかりません。

12月26日に見たもの
「12月26日に見たもの」

左上から、タマバチの仲間。
その右は、なぜか隠れ場所から出て、ケヤキの樹皮を歩いていたラクダムシの幼虫。
以下、ナガヒョウホンムシ、ウラギンシジミ、ヤマノモンキリガ、
樹皮下にいたムツボシテントウ。
タマバチは3ミリほどで、ナガヒョウホンムシは4ミリ程度。
ムツボシテントウは、2ミリ強ぐらいの大きさです。
フユシャクも、ウスバフユシャクやチャバネフユエダシャクのオスが見られましたが、
メスは1匹も見つからず。 これだけのメンバーを揃えて見つからないというのは、
本当に密度がうすいのだと思います。

12月28日に見たもの
「12月28日に見たもの」

最後の病院通いを終えて、帰りがけに立ち寄ったいつものフィールドで。
クヌギの樹皮には、あちこちにクヌギカメムシの卵塊が残されていました。

当ブログにお越しいただいたみなさま、
今年も気まぐれな更新におつき合いいただき、ありがとうございました。
お健やかに、よいお年をお迎えください。