前回のブログに書いたシンジュサンの幼虫は、
予想どおり、その翌日(11月6日)にベランダで繭(まゆ)を紡ぎました。
葉っぱを利用する営繭(えいけん)スタイルで、樹種は常緑樹のクスノキです。

シンジュサンの繭(クスノキの水差しで営繭)
「シンジュサンの繭(クスノキの水差しで営繭)」

シンジュ(ニワウルシ)、クヌギ、キハダ、エゴノキ、クロガネモチなど、
利用できる樹種のメニューが豊富な本種ですが、落葉樹も多く含まれています。
夏に羽化する個体であれば、どんな樹種についても問題ないでしょうが、
このように葉っぱを使う営繭スタイルでは、落葉樹で育った個体は
果たして冬をどのように乗り切るのだろう・・・と、前から不思議に思っていました。
冬が近づいて、葉っぱもろとも地上に落下しても、問題はないのでしょうか?
それとも、卵をかかえたメスは、秋が近づくと、常緑樹を選んで産卵する? 

今回初めて、シンジュサンの越冬繭を見て、謎が解けました。
冬が来ても落下したりしないように、幼虫は糸でここまで入念な補強をします。
その周到さに、ぼくはすっかり感動してしまいました。

シンジュサンが繭を紡ぐ際に、糸で固定した範囲
「シンジュサンが繭を紡ぐ際に、糸で固定した範囲」

幼虫が繭を固定するために、糸(肌色)を吐いた範囲を示します。
まず、繭がついている葉っぱの柄(葉柄)に沿う糸の太い束。
繭の、最初の「命綱」です。
そして、その葉柄が接続する小枝にも糸が絡んでおり、「命綱」が延長されています。
さらに、その小枝から接続する、もう一段太い枝にも糸が届いています。
「命綱」は実に、葉柄、小枝、やや太い枝と、
3つのステップをつらぬいて繭を完全に固定しており、
ここまでしっかり補強されていれば、落葉の巻き添えになって落ちる心配はないでしょう。
常緑樹のクスノキでは、本当はここまでやる必要はないのでしょうが、
彼らが先祖代々受け継いできた「営繭作法」なのだと思います。

「命綱」の及ぶ範囲を見て、その作業がどれだけ大変だっただろうかと思うと、
ぼくが葉っぱの補充を何度か忘れて、幼虫にひもじい思いをさせてしまったことを
申しわけなく思いました。
ダメな飼い主のもとでも、こうしてちゃんと繭を紡いでくれたシンジュサンに
感謝したいと思います。

ちなみに、シンジュサンの成虫というのは、こんな姿をしています。
有名なヨナグニサンによく似ている、スタイリッシュな蛾ですね。

シンジュサンの成虫
「シンジュサンの成虫」

同じヤママユガ科のオオミズアオと同じように、利用できる食樹はたくさんあるのに、
シンジュサンはどうして、オオミズアオほど普通種になれないのだろう? 
と不思議に思っています。