少し間が空いてしまいましたが、ボルネオ紀行、番外編です。

使用カメラについてのご質問があったので、まずはカメラのお話から。
今回の旅には、一眼レフを2台、コンパクトデジカメ3台を持参しました。
ぼくは昆虫カメラマンの中で、コンパクトデジカメの使用頻度が高い方だと思います。
前回までの記事でアップした写真の比率は、
コンパクトデジカメによるものが19点、一眼レフは18点です。

割と評判のよかった「ボルネオ紀行-その2」の「機内からの夕景」や、
「その5」のラフレシアの写真なども、コンパクトデジカメによる撮影です。
「カシオEX-ZR1000」という機種ですが、かなり前に生産中止になっており、
後継機種の最新のものは、カタログスペックを見る限り、
昆虫カメラマンのサブカメラとしては、おそらく使い物にならないとぼくは判断します。
昆虫はマイナーな被写体なので、カメラが「改良」されることで、
かえって使いにくくなるというケースは珍しいものではありません。
ニコンの一眼レフ(DXフォーマット)も、D7000を最後に、
以後は昆虫の撮影において、実使用に耐える機種が出ていません。
欲しいと思えるカメラが、市場からほとんど姿を消してしまいました。

ボルネオ島のホテルの電源コンセント
「ボルネオ島のホテルの電源コンセント」

さて、マレーシア旅行のガイドブックなどを見ると、
マレーシアの電源コンセントには、3種類の規格があると書かれています。
変換プラグを持参するにあたり、どのように準備をすればよいか迷うところですね。
今回、コタキナバルで泊まったホテルの部屋の電源コンセントは、
壁の2ヶ所に設置されているコンセントが、それぞれ別の規格でした。

左のコンセントは、「全世界対応プラグ」が、何の工夫もなく使えましたが、
右のコンセントは、「全世界対応プラグ」がそのままでは使えず、
ルービックキューブのように組み替えて対応しました。
3つの規格のうち、「BFタイプ」と呼ばれることの多い形状に統一されつつ
あるのだと思いますが、「全世界対応プラグ」は、一つ持っていると安心ですね。

ボルネオ島のさまざまな商品
「ボルネオ島の、さまざまな商品」

ボルネオ島で見た、さまざまな商品です。
まず左上。当ブログの以前の記事「マレーシアの虫たち」にも書きましたが、
マレー半島だけでなく、ボルネオ島でも、日本の「ミロ」は大人気のようです。
空港の自販機の紙コップのドリンクにも、「ミロ」がありました。
左下の写真は、スーパーマーケットのミネラルウォーター陳列棚。
ひと棚のすべてがミネラルウォーターで占められています。
生水を飲めない国では、やはりミネラルウォーターの種類も増えるのでしょう。
右上は、商品パッケージに記されていた邦訳。
もう少し、がんばりましょう(笑)。
右下は、「ちょうちん」のようなものですが、これは何に使うものでしょうか?
昆虫の図案なので、12個入りを買ってきて、周りの虫好きに配りましたが、
これが何であるか、わかる人はいませんでした。
「節日快楽」と漢字で書かれており、この時期に店頭に並んでいるということは、
中国の国慶節で使うものかもしれません。

ボルネオ島の100円ショップ?と、そこで買ってきたミニ水槽
「ボルネオ島の100円ショップ?と、そこで買ってきたミニ水槽」

こちらは、日本の100円ショップのような商店の棚ですが、
価格は統一されていません。単に「安い」ということで、集客しているようですが、
100円ショップのような、割り切りのよさはありませんね。
日本でもよく見かける、プラスチック製のミニ水槽(飼育ケース)があるな・・・
と思って手に取りましたが、驚いたのは、中にこんな遊びが施されていたこと(笑)。
もう、脱力するほどムダな装飾で、これは話のタネに、と買ってきてしまいました。
お値段は175円相当で、この装飾がなかったとしても、
おそらく、日本とどっこいどっこいの価格ではないでしょうか。
意外に高いなと思いました。

日本の日常を離れて、自然と文化の違いを、いずれもたっぷり味わえた7日間でしたが、
やはり、英語ができないとダメだなあ・・・ということも旅の中で痛感しました。
中高生のみなさん、英語だけは、今のうちにしっかり勉強しておきましょう。