上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コタキナバルは、人口47万人を誇る、サバ州の州都です。
立派な都会ですから、ホテル周辺は昆虫が多い環境ではないかもしれない・・・
という心配もあり、日本にいるうちから、コタキナバル滞在の2日目に、
ライトトラップ・ツアーの予約を入れておいたのは正解でした。
ホテルを離れ、車で1時間ほどのところにある「キパンディ・バタフライパーク」
という蝶園を見学したあと、夜からは、園内の高台でライトトラップを行います。

マレーシアのバタフライ・パークは、ほかの施設も見たことがあるのですが、
日本の昆虫園のような、行き届いた管理は望めません。
「チョウの地元である」という地の利を活かして、ほったらかしでも何とかなるので、
「たまたまチョウが少なかったらごめんね」、というスタンスです。
日本の昆虫園は、飼育室から事務所の中まで、その裏側を見せてもらったことが
ありますが、温室内に、本日どんなチョウが何匹飛んでいるか、
1匹単位で事務所のホワイトボードに書かれているほど管理が徹底されており、
そのきめ細かさと、展示施設としての意識の高さは、比ぶべくもありません。

キパンディ・バタフライパークにて
「キパンディ・バタフライパークにて」

「キパンディ・バタフライパーク」の入り口と、ライトトラップの設備。
そして、ライトトラップに使う電球の型番です。
谷に向かって開けた高台に設置してあるライトは、絶好の位置にあり、
夜が非常に楽しみです。 電球は、220ボルト対応の「マレーシア仕様」ですから、
日本ではなじみのない規格ですが、インターネットで検索してみて、
色温度が3600K(ケルビン)の製品であることに驚きました。
普通に考えれば、ライトトラップを行うには、この色温度では低すぎます。
昆虫が集まりにくい、赤っぽい光を放つはずです。

ウツボカズラの1種
「ウツボカズラの1種」

今回は、タイミングが悪かったようで、チョウの姿はほとんど見られなかったのですが、
園内の植物には、おもしろいものがいくつかありました。
ウツボカズラは、ぜひ見たいと思っていたものの一つです。
ぼくとしては、ある程度の高さからぶら下がっているもの、というイメージでいたのですが、
ここのウツボカズラは、写真のように、地表面に鎮座してしまう種が多いようです。
写真としては、絵にしづらいスタイルですね。

ライトトラップに集まった ボルネオの虫たち
「ライトトラップに集まった ボルネオの虫たち」

いったん園の外に出て夕食を済ませたあと、
暗くなるのを待って、バタフライ・パークに戻りました。
谷に向かって煌々とライトの光が放たれており、すでに多くの昆虫が集まってきています。
3600Kの電球も、意外にもほとんど赤味を感じさせない、白っぽい光を放っており、
これにはちょっと驚きました。

左上から、時計回りに、ヘビトンボの1種、オオツバメガ、リンガの1種、
そして最後は、ダールマンツヤクワガタでしょうか。
オオツバメガは、日本のクロアゲハのようなイメージで、
大きさも、ちょうどそれぐらいです。
リンガの1種は、ワッペンかエンブレムのような姿をしており、
ナショナル・モス・ウイーク(国際蛾週間)の公式エンブレムなどに
使うとよいかもしれない・・・と思いました。

特大サイズの蝶ネクタイ?
「特大サイズの蝶ネクタイ?」

こちらは、おそらくモーレンカンプオオカブトでしょう。
蛾がちょうどよいところに止まったので、ユーモラスな絵になりました。
実は、カブトムシとクワガタムシは、ここへ着いたときから幕に止まっており、
ライトトラップ中に羽音を立てて飛んでくる個体を1匹も見かけなかったので、
もともと仕込んであったのではないか・・・という疑念を、今も抱いています(笑)。

幕の上のにぎわい
「幕の上のにぎわい」

写真の手前にいる蛾は、日本のシモフリスズメそっくりに見えますが、
実は、大きさが開張(翅のさしわたし)ベースで、2倍近くあります。
このように、なじみの顔をしていながら、大きさだけがケタはずれに大きい、というのは、
最も異国情緒を強く感じさせるキャラクターかもしれないなあ・・・と思いました。

ライトトラップ終了宣言があり、夜道を車で飛ばして、コタキナバルまで戻ります。
文中、一部で批判的なことも書きましたが、このツアーは、
昆虫愛好家が初めてのボルネオ旅行を楽しむには、十分に満足できる内容と言えます。
海外旅行に発電機を持参するわけにはいきませんから、
ライトトラップは、「全部おまかせ」のツアーに参加するのが一番です。

翌日は、朝のうちにコタキナバルを出発し、いよいよ今回の旅のメインとなる
「キナバル自然公園」へと向かいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。