2015.07.26  残りわずか
 写真展の会期も、残すところ1週間を切りました(31日まで)。
とは言え、多くの写真展の会期は6日間(ギャラリーが定休日になる曜日に入れ替えを行って、
次の定休日までの6日間)ですから、普通であれば、今日が初日みたいなものです。
1ヶ月間もの長きにわたって、写真展の開催をお許しいただいたジュンク堂さんに感謝です。

在廊(会場にいる)日程を、随時、ブログでお知らせするつもりでおりましたが、
当日にならないとわからないというケースばかりで、全く予定が立ちませんでした。
申しわけありません。とりあえず、28日(火)にはトークイベントがありますので、
16時以降は、写真展会場となっているジュンク堂書店池袋本店の7階に、
出たり入ったりしていると思います(トークイベントは4階)。

なお、トークイベントは、すでにご予約で満員となっております。
お申し込み、ありがとうございました。

インフォメーション・ボード
「店頭の INFORMAION」

それ以外の在廊日程は、
29日(水)17:30~18:30頃
31日(金)14:30~16:00(最終日なので、16:00から撤収に入ります)
を予定しています。

こちらもブログでお知らせしてあった世田谷区の講演会は、22日(水)に終了しました。
写真家に学ぶ「虫のふしぎ」「動物のふしぎ」という2週連続の企画で、
ぼくは、「ふしぎな虫の世界」と題して、目玉模様の話や、虫はなぜ光に集まるのか、
また、虫はどうして体が小さいのか、など、多くの写真を使って90分間のお話をしました。
18日(土)に行われた、ナショナル・モスウイークのキックオフイベントで、
たくさんの写真を使った神保宇嗣さんの講演がとても面白く、
90分間で何点の写真を使用されるかカウントしていたところ、180点超というもので、
それでも、写真送りが早すぎて困るという感じは全然しなかったので、
ぼくも真似をして、多くの写真を用意したところ、208点にもなってしまいました。

世田谷区講演会
「講演会で使ったライトトラップの写真と、会場からの質問にお答えしているところ」

7月も終盤となり、ぼくの行きつけの樹液酒場(近所のクヌギの木)も、
夏の虫たちでにぎわっています。
23日(木)には、1本の木で10匹以上のノコギリクワガタを見ました。
その少し前には、同じ樹液でベニスズメを採集し、奇跡的に無傷で持ち帰れたので、
満足のいく白バック写真を撮影することができました。
これは非常に幸運な例で、普通ならば、まず翅がボロボロになってしまうでしょう。
エゾスズメの写真を使おうと思っていた企画があるのですが、
これで、美しいベニスズメに差し替えることができそうです。

ベニスズメ(白バック)
「ベニスズメ(白バック)」