「虫とツーショット」は、長いこと「品切れ」となっていたアマゾンでも、
入手可能となりました。ご不便をおかけいたしました (上の 「アマゾン」 という文字列に、
リンクが埋め込んであります)。

さて、次の本の制作も、昨日ようやく、ぼくの手を完全に離れました。
あとは印刷所の方にがんばっていただくことになります。今回は、刷り出し立会いには
行かないので、製品として完成したものを、いきなり見ることになります。
校了ではなく、責了としたページがいくつかあり、完成品を見るまではドキドキです。

責了というのは、「責任校了」の略で、
OKは出せないものの、直しの幅が小さいということで、
本番で指示どおり直ってくることを条件に、次の校正紙は出さなくていいですよ、
という意味のことばです。
文字部分の責了では、体長「25mm」を「23mm」に直してください、というのは
解釈の誤差がなく、わかりやすいので、安心してお任せしておくことができるのですが、
色に関する責了では、「本番ではわずかに明るく」、「黄色味が強すぎるので少し弱めて」
といった指示は、人により解釈に差がある部分なので、
思ったような結果が得られないことも少なくありません。

こちらが、「調べてみよう 名前のひみつ 昆虫図鑑」(汐文社)の表紙です。

「名前のひみつ昆虫図鑑」表紙・ Web用データ
「調べてみよう 名前のひみつ 昆虫図鑑」(汐文社)

このブログで、次の本の表紙は「蛾メインです」とお知らせしてありましたが、
蛾らしく見えないオオスカシバでは、ちょっと反則だったかな?
羽化直後には鱗粉を持つ本種の、「鱗粉落とし」の決定的瞬間の写真も収録しました。
もっとも、この写真の初出は、ナショナルジオグラフィック誌(日本版)でしたので、
すでにご覧になっている方もいらっしゃるかもしれませんね。 
発売予定日は、6月30日です。

これで本づくりから完全に解放されたので、あとは写真展の準備に集中することができます。
7月1日(水)から31日(金)までの1ヶ月間、ジュンク堂書店 池袋本店7Fにて
写真展を行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=8945

トークイベント 「直球と変化球 ― 森上信夫、2冊の新刊を語る」 は、
写真展期間内の7月28日(火)に、4階のカフェ・ド・ジュンクで19:30より行います。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=8947

7月中にはもう一つ、世田谷区からご依頼をいただいた講演会が予定されており、
申込期間が近づきましたら、当ブログでもお知らせいたしますので、
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。