上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週の日曜日(19日)。昆虫エッセイストの鈴木海花さん、昆虫記者の天野和利さん
そして昆虫を題材にした物語で、何度も受賞歴のある中学生の新井麻由子ちゃんなど、
総勢8名の虫仲間で、春の里山を歩いてきました。
ときどき雨のパラつく1日で、お天気はイマイチだったけれど、
たくさんの昆虫に出会えて、みんな十分満足できたようです。

しっとり濡れる春の里山風景
「しっとりと濡れる春の里山風景」

陽射しのない状況では、チョウやトンボなどの「飛びもの」は、全く期待できません。
しかし、こんな時こそ、足もとの小さな世界をじっくりと観察するチャンスです。
丸太のような倒木を抱き起こして、「地下の世界」を垣間見てみました。
倒木の下というのは、土を掘らなくても、十分に暗く湿っており、
本来「地下の世界」で展開されているべきことが、地上に露出していることがあります。

アリヅカコオロギsp
「アリヅカコオロギの仲間.」

トビイロケアリが、擬似「地下の世界」を築いていました。
アリ自身も、労せずして、地下と同じ環境を享受できるわけですね。
さっそく、小さな昆虫を見つけるのがうまいSさんが、アリヅカコオロギを発見。
アリの巣に同居する、「好蟻性(こうぎせい)」昆虫です。
体長は、およそ3mmといったところでしょうか。
ぼくのような老眼のオッサンでは、「何か動いているようだが、はて?」といった感じで、
ファインダー越しに拡大して見ないと、肉眼ではほとんど認識できません。

ほどなく、今年こそ、いるかな? と期待していた、アリスアブの幼虫を発見!
鈴木海花さんが、ずっと見たいとおっしゃっていた昆虫です。去年もこの場所をご案内し、
しかし去年は見ることができなかったため、「2年越しの恋人」ということになりますね。
この虫も、トビイロケアリの巣に同居している昆虫です。
まるで、地球外生物のような姿。
アリスアブ幼虫(上)と蛹
「アリスアブの幼虫(上)と蛹(下)。いずれも、頭は左側」

気温が上がらないので、飛び立てず、食草のギシギシで翅を休めるベニシジミ。
こういう時は、さまざまな撮り方を試してみるチャンスです。
レンズを交換し、3つの異なるパターンを撮っておきました。
ベニシジミ撮り分け
「ベニシジミの撮り分け」

左は、一眼レフに、望遠系マクロレンズ(マイクロニッコール85mm)、
中は、一眼レフに、魚眼ズームレンズ(トキナー10~17mm)、
右は、コンデジ(オリンパスTG-3)に、ドアスコープレンズ(魚露目8号)をつけたもの。
コンデジの「タテヨコ比率」は、3:4なので、一眼レフで撮った2:3の画像は、
並べて見せるために、上下を少しカットしています。

オオアヤシャク幼虫
「オオアヤシャクの幼虫」

この日の真打ちと言えば、この方でしょうか。
コブシの芽に化けた擬態名人、オオアヤシャクの幼虫。
色や形が芽に似ているというだけでなく、ポーズまで含めた擬態です。

たくさんの虫たちに出会えて、みんな満足してフィールドを引き揚げました。
近いうちに、晴れた日をねらって、もう一度訪れたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。