上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 家にこもってデスクワークばかりしていると、だんだん気持ちがすさんでくるので、
あとで大変になるのを覚悟の上、今年初めてのフィールド歩きに出かけてきました。
当ブログでも記事にした12月27日のフユシャク・ツアー以来、
実に3ヶ月もの間、フィールドへ出ていなかったことになります。

3月28日。
春の光があふれるフィールドに降り立つと、あまりのまぶしさに立ちすくんでしまい、
こんなふうに陽の光をまぶしがっているようでは、
まるで長わずらいの病人のようだなあ・・・と、ひとしきり反省。
ビロードツリアブが空中をゆらゆらと漂うように飛んでいます。

展開を始めたアワブキの葉
「展開を始めたアワブキの葉」

アワブキの裸芽が、もう展開を始め、すっかり葉の形になっています。
近くにスミナガシのさなぎがないか、しばらく探したのち、菜の花畑へ行ってみました。
冬の間にさびついた撮影技術を、もう一度回復させるには、
花に来て、忙しく仕事している虫たちにカメラを向けてみるのが一番です。

案の定、100カット撮っても、ただの1枚もピントが合いません。
カメラが壊れているわけではありません。壊れているのは自分です。
これは毎年のことなので、慌てずさわがず、ひたすら撮り続けるのみで、
午後になるとだんだんピントが合うようになり、ビロードツリアブの吸蜜写真が撮れました。
ビロードツリアブの吸蜜
「ビロードツリアブの吸蜜」

陽ざしを受けて、すっかり温まった崖。
よく見ると、直径2センチほどの穴がいくつも開いています。
穴の中で何かが動いたような気がして、近寄ってみました。
陽ざしを受けて温まった崖
「陽ざしを受けて温まった崖」

あちこちの穴の入り口で、
こっちにお尻を向けて、押し合いへし合いしている虫たち。
この色と、もようは、どうやらミイデラゴミムシのようですが、
彼らはいったい、ここで何をしているのでしょう?
ミイデラゴミムシたち
「ミイデラゴミムシたち」

オサムシやゴミムシが、同種どうしで示し合わせたように崖の中にもぐり、
集団で越冬している現場を昆虫採集家がスコップなどで掘り当てることを、
「オサ掘り」と呼びますが、「オサ掘り」で掘り当てるような集団越冬の現場が、
春の到来とともに、今まさに「解散」しようという場面に
ぼくは立ち会ったということでしょうか?

穴の開口部に、頭ではなくお尻を向けているのも不思議な光景ですが、
ぼくと同じようにひと冬、引きこもっていたせいで、
彼らも春になじめず、とまどっているのかもしれません。
押し合いへし合い、穴から最初に落ちるのは自分以外の誰かであってほしい、
とでも言わんばかりに争っているような姿には、共感を覚えてしまいました(笑)。
気がつけば、すでにどこかの穴から落下したと思われる個体が足もとを歩いています。
ミイデラゴミムシ(白バック)
「ミイデラゴミムシ(白バック)」

「ミイデラゴミムシ」という、この一風変わった名前の由来は、
拙著「散歩で見つける 虫の呼び名事典」でもご紹介しましたが、
俗称の「屁っぴり虫」の方が、ずっとふさわしい名前だと思います。
身を守るためにお尻から出す毒ガスは、摂氏100度にもなる高温のガスで、
人間の指などがガスの直撃を受けると、そこが茶色く染まり、しばらくの間、消えません。

穴の奥が、浅いのか深いのかを知りたくて、細い木の枝を穴に差し入れてみました。
プッ! プッ! ププッ! という一斉の毒ガス攻撃。
小さな破裂音が響き、辺りに刺激臭が漂います。
ミイデラゴミムシたちは、ひとしきり迎撃したあと、穴の奥に逃げ込み、
これが、奥まで続く深い穴であることがわかりました。

やはり、フィールドへ出ると、何かしら発見があって面白いものですね。
コツバメやキアゲハなど、明らかに春になってから羽化したチョウたちも見ることができ、
春のフィールドをたっぷりと味わって、満足感いっぱいで家路につきました。
まだしばらくは、原稿書きが続きますが、とてもよい気分転換になりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。