「ときどきブログ」が、本当に「ときどき」になってしまったら、シャレにならんぞ・・・
と思いながら、中3日か4日おきぐらいにはアップしてきましたが、
ここのところ、それが5日になり、6日になっています。
今回はとうとう、中9日という、これまでの最長不更新記録となってしまいました。

当ブログにお越しいただいて、新しい記事をご覧いただけないまま、
手ぶらでお帰りいただくのはたいへん心苦しいのですが、
2冊の本づくりのうちの一方が佳境に入り、ブログを書く時間がなかなか取れません。
関係者全員、いつ寝てるんだ? みたいな時間にメールのやり取りが成立し、
ぼくの本のために、睡眠時間を割いて仕事してくれている仲間には感謝ですが、
ブログを読んでくださる皆さまには関係のないことで、
このように不義理をしておりますことを、お詫びいたします。
3月上旬には、5月に出す方の本の入稿を終える見込みですので、ここを乗り切れば、
あとは校正作業と、6月に出す本の仕事だけになり、いつものペースに戻れると思います。

さて、昨年、植木屋さんで「イボタノキ」として購入した鉢植えが、
常緑のまま冬を越しつつあります。
本来は落葉樹のはずですが、こういうことってあるのでしょうか。
それとも、「イボタノキ」自体が誤りだった? 
イボタガの幼虫は、ちゃんとこの葉を食べましたが・・・。

落葉しないイボタノキ
「落葉しないイボタノキ」

イボタガの幼虫というのは、白バックで撮るのが難しいイモムシです。
「腹脚(ふっきゃく)」と呼ばれる、幼虫期限定の吸盤状のあしが長すぎて、
小枝を常に抱きかかえるように止まっていないと安定せず、
白バックの舞台上で、しっかり立てないのですね。
倒れては起こし、倒れては起こしの連続で、何とか立っていられる1~2秒のうちに、
ピントを合わせてシャッターを押さねばなりません。

イボタガの幼虫とその腹脚
「イボタガの4齢幼虫(上下)と、小枝を抱きかかえる腹脚(右)」

去年の6月、飼育下で蛹になったイボタガが、ミズゴケにくるまれた状態で、
ベランダで冬越ししています。ベランダは、森の中よりはずっと暖かいので、
3月になったら、羽化ができる環境を整えてやらないといけません。
関東平野では、3月中旬以降の羽化が普通だと思いますが、油断は禁物です。
過去に、羽化したものの、ミズゴケから脱出できないまま翅を伸ばすことに失敗し、
非常にかわいそうな事態を招いたことがありました。
ああいう思いは、二度としたくないので、今年は早めに動こうと思っています。

あと一雨くると、季節がぐっと動きそうな、そんな予感がしています。

※ 当ブログ内の写真の使用につきましては、画面左側の「メールフォーム」を使って
 お問い合わせください。また、放送局などからのご依頼で、まれに無料で使わせて
 いただけないか、というお話をうかがうことがありますが、たいへん恐縮ですが、
 お受けできませんので、あらかじめご了解ください。