前回の記事は、「コンデジ礼賛」に終始し、「それでも一眼レフを必要とする理由」
については、何もコメントしていませんでした。
一眼レフ(「ミラーレス一眼」もここに加えます)が手放せない理由として、
大きなポイントは2つあります。2回に分けて、それらを1つずつ書きたいと思います。

理由その1。「色空間を管理するために、一眼レフが必要である」。

「いろくうかん」と読みます。撮影時に記録される色を、どれほど豊かなものとするか、
一眼レフは、撮影者の意思でこれを決めることができます。
Adobe RGBとsRGB(コンデジはsRGB固定です)、2種類の色空間が選べるように
なっているのが普通で、前者の方が圧倒的に広くて豊かな色域を持っており、
特にグリーン系の色域において、その差が顕著です。
ところが、Adobe RGBを表示できるパソコンディスプレイは、きわめて限られています。
自分のパソコンがどちらかわからない人は、対応していないと思って間違いないです。
Adobe RGBを表示できるディスプレイは、それを必要とする人のみが、
高価であっても敢えて選び取るものであり、購入時に色空間のことを意識していなければ、
そのパソコンディスプレイがAdobe RGB対応である可能性はまずありません。

ぼくのパソコンディスプレイは、Adobe RGBが表示できますが、
では撮影時にAdobe RGBの色空間を選択しているのか? と言われれば、
答えはノーで、ぼくは敢えてsRGB色空間を選んでいます。
日本の印刷会社は、Adobe RGB撮影データの扱いがあまり上手でないように思うことと、
世間の大多数の人が見られない色空間で撮影してしまうと、
その写真を編集者にプレゼンテーションしたり、また、ブログにアップしたりする際には、
一般的なディスプレイでの見え方を一々確認しないと、表示色に責任が持てないからです。
Adobe RGBの方が、豊かな色域を持つ優れた色空間であることは間違いないのですが、
それを共有してもらえる周辺環境が全く整っていないため、
ぼくは、わざと貧しい色空間で撮影しているのです。

しかし、Adobe RGBの撮影データが、どうしても必要になるケースがあります。
欧米などの印刷環境では、こちらが主流ということなのでしょう。
ぼくの写真を販売管理してくれるストックフォトエージェンシーからは、
「あらゆる販路に対応できるよう、納品はAdobe RGBのデータでお願いします」
と言われています。主として、海外への販路を意識しているのだと思います。

一眼レフには、一般的なJPEGというファイル形式だけでなく、
RAWというファイル形式で撮影・記録できる機能が備わっています。
RAW(ロウ)とは、「生(なま)」という意味です。
この「生データ」は、そのままでは、印刷に回すどころか、パソコンディスプレイ上でも
表示不能で、専用ソフトを使った「RAW現像」というデジタル現像のプロセスを経て、
初めて、JPEGやTIFFなどの一般的なファイル形式に変換して視覚化できます。
このRAW形式で撮影しておけば、とりあえずsRGBで撮ってあった写真でも、
RAW現像時に、Adobe RGBにも現像展開が可能となるのです。
撮影時に色空間の選択ができるのも一眼レフだけであるなら、それを、画質の劣化なしに
異なる色空間に変換して出力できるのも、また一眼レフだけということになります
(ごく一部のコンデジがRAW撮影できるようですが、それらの機種が
昆虫撮影に向いているとは思えません)。

一眼レフには、1回の撮影で得られる写真を、RAWとJPEG、2つの異なるファイル形式で
同時に記録できる機能が備わっており、多くの場合、ぼくはこのスタイルで撮影しています。
色空間の変換という、「大手術」を必要とする場合や、また、本で大きく扱うデータを
入稿する際には、RAWデータから現像展開した「本気の」データ起こしを行いますが、
使うかどうかわからない写真を、とりあえず編集者に送って絵柄確認してもらったり、
また、画質に神経質になる必要のないブログ用の写真(Webで見せる写真は、
印刷の5分の1程度の解像度で同じほどシャープに見えます)を、必要なサイズにして
アップしたりする場合などは、「抱き合わせのJPEGカット」を使い、
RAWデータには手をつけません。

なぜ一眼レフを使うのか。今回の「前編」を読むかぎり、
ますます「そんなことならコンデジで十分」と思われる方が多いと思います。
そのとおり、「昆虫撮影はコンデジでおおむね十分」というのが、
あくまでぼくの基本認識ではありますが、次回の「後編」では、もう少し
「一般的な用途でも、一眼レフならではのアドバンテージというものは一応存在する」
ことについて書きたいと思います。

ほとんどの方が見られないAdobe RGBの作例写真をアップしても意味がなく、といって、
写真のない記事も寂しいので、つい先日、柿の実から出てきたイモムシをご紹介します
(sRGBでの撮影です)。
カキノヘタムシガの幼虫
「カキノヘタムシガの幼虫」

いただきものの柿の実から、こんなイモムシ(15mmぐらい)が出てきました。
「ほぉ~、これがカキノヘタムシガかあ。初めて見たなあ・・・」とうれしくなって、
いま飼育しています。柿を送ってくださった方がこのブログをご覧になっても、
森上は心から喜んでいるな(笑)、と思うだけで、自責の念にかられることはないでしょう。
果樹園の経営者にとっては、「柿の実の大害虫」ですが、ぼくは初めて見る虫なので、
飼育して、この機会にぜひ蛹なども見たいと思っています。
タッパーの一室を与えられた幼虫は、柿の果肉を定期的に補充してもらって、
むしゃむしゃと食べ進み、たくさんのフンをしています。
この人に、渋柿をやったら、どういう反応を見せるだろう? 
大事な1匹なので、今回は、そんな罰ゲームみたいな実験はやめておきます(笑)。