台風21号で大荒れだった日曜日、日本昆虫協会による「夏休み昆虫研究大賞」
の審査にゲスト審査員として参加してきました。小中学生による応募で、
昆虫を素材にした(1)研究論文、(2)標本、(3)写真、(4)美術、(5)文学 
という5つのジャンルで賞を競うものです。全ジャンルの中から、大賞が1点だけ
選ばれますが、今年は大賞にふさわしい作品が5点もある水準の高さで、
なかなか大賞が決まりませんでした。ぼくは、お一人の方(小学生)へ
審査員特別賞を出しましたので、来月の表彰式でお会いできるのが楽しみです。

 さて、樹木図鑑作家の林 将之さんから、
すばらしい新刊を送っていただきましたので、ご紹介したいと思います。
『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』(廣済堂出版)。

『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』
『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』

相変わらずの美しいスキャン画像に加えて、名前のわからない樹種を調べる際に、
目的のページへ誘導するさまざまな工夫がなされており、「葉形インデックス」や
「紅葉・黄葉一覧表」、「果実・どんぐり・松かさ一覧表」のいずれかを使うことで、
ものによっては数秒でお目当ての樹種にたどりつけてしまいます。
「紅葉・黄葉一覧表」などは、眺めているだけでもしあわせな気持ちになれる、
非常に美しいページです。

ぼくはプラタナス類にはかなり詳しいので、プラタナスのページがあれば、
そこを見ることで、植物図鑑の評価がしやすいのですが、
・身近に見られる「プラタナス類」には3種類あること。
 その出自や原産地についての解説。
・その3種類の見分け方を、葉と樹皮、果実(集合果)のつき方の
 それぞれのパーツで解説していること。
・プラタナスの和訳=スズカケノキではなく、
 この呼称がグループの総称であるとハッキリ書かれていること。
・「プラタナス類」は街路樹として、かつては第3位の人気を誇っていたが、
 最近は第10位まで順位を下げていること。
などなど、文句のつけようのない情報量を誇っています(ぼくも、順位を
下げているのは知っていましたが、10位まで落ちているとは知らなかった)。

また、本書ならではの情報として、すべての学名にカタカナでルビが振ってある
というきめ細かな配慮がなされている点が挙げられます。ラテン語の学名は、
ローマ字読みに近いものではあるのですが、大学で分類学に触れる機会のなかった
ぼくのような文系学部出身者は、(本当にこの読みで合ってるか?)と
おそるおそる口にしているという現状がありますが、
こういう本が虫の図鑑でも存在すれば、ラテン語のこの綴りはこう読むのだ、
という反復訓練のまたとない教科書になりますね。
この学名のルビだけでも、植物をこれから学びたい人にとっては、
本書を入手する価値があると思います。

林 将之さんの才能は非常にマルチなもので、
この本には「樹木図鑑作家」と書かれているのでその通りご紹介しましたが、
学者であり、写真家であり、また誌面デザイナーでもあります。
誌面デザインまで自分でやる人は非常に珍しいと思いますが、
「一応できます」というレベルではなく、専業の誌面デザイナーと比較しても
相当に上手いほうで、この点は心から敬服しています。

2007年に、林さんと共著で、
『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)を出版しましたが、
この本のデザインも、表紙から中身まで、すべて林さんの手によるものです。
ちょうど10年前、本書の印刷に立ち会ったあと、当時印刷会社のあった
戸田公園駅の駅前で、二人で打ち上げをしたのをなつかしく思い出します。

…というわけで、『昆虫の食草・食樹ハンドブック』のほうも、
引きつづきどうぞよろしくお願いいたします(笑)。

『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)森上信夫・林 将之著
『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)森上信夫・林 将之著