2017.09.22  夏の断片-3
 20日に発売された月刊「カメラマン」(モーターマガジン社)10月号で
1ページをいただき、鳴いているスズムシの撮影方法を解説しています。
ご興味のある方はご覧ください。

さて「夏の断片」、今回が最終回です。
前回の記事でアップした写真が、いずれも美しい場面ではなかったので、
今回は作例紹介のように撮影データ込みで、この夏に撮影した虫たちの美しい姿、
かっこいい姿をランダムにアップしたいと思います。
シャッター速度はすべて1/250秒です。

アブラゼミの羽化
「アブラゼミの羽化」
ニコンD7000, 85ミリマクロ, F14, ストロボ3灯(上から、背後から、正面から)。

昆虫の羽化シーンは最高にフォトジェニックなものですが、
その場面に立ち会うのはなかなか難しく、オオカマキリの羽化などは、
羽化の兆候が現れてからカメラの前で28時間も待ち続けたことがあります。
セミの羽化撮影は待ち時間が少なく、地上を歩いている幼虫を見つけたら、
たいていは3時間以内に撮影がスタートできます。

カブトムシのさなぎ
「カブトムシのさなぎ」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ3灯(上から1灯, ガラス板の
下の左右から1灯ずつ)。

さなぎをガラス板に載せており、ガラス板のおよそ20センチ下には
黒い布を敷いています。透明感を出したかったので、左右から逆光を入れています。
上からのストロボは、カメラとシンクロコードで繋がっており、逆光ストロボ2灯は、
上からのストロボ光を受けてワイヤレスで発光が誘発されるように設定してあります。

オオカマキリの威嚇
「オオカマキリの威嚇」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ2灯(上から、 正面から)。

白バック(白い紙)上にカマキリを置いて撮影しています。
真上からのストロボがメインの照明ですが、正面からの内蔵ストロボの発光を受けて
メインストロボの発光が誘発されるように設定してあります。

獲物を待つコガネグモ
「獲物を待つコガネグモ」
ニコンD7000, 10-17ミリ魚眼ズーム(トキナー), F11, ストロボ1灯。

生息環境がわかるように、背景までよく写る魚眼レンズを使用しました。
魚眼レンズ特有の画面効果で、背景の草や木がゆがんで写っていますが、
直線的なものが写りこんでいないので、それほど違和感はないと思います。
X字型の、いわゆる「隠れ帯」がすっかり壊れてしまった状態の巣で、
図鑑等には全く使えない写真になりました。

産卵管をそうじするコロギス
「産卵管をそうじするコロギス」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ3灯(上から、背後から、正面から)。

産卵後に、産卵管を舐めてそうじするコロギス。
本種の産卵管は背中側に向かって強く湾曲しているので、
産卵管を腹側に向けた状態で口器までちゃんと届くとは意外でした。

本種のように夜行性の昆虫を撮影する際は、逆光を入れないと夜の感じが出ません。
逆光ストロボは、被写体の向こう側に設置しなければならないので、
アブラゼミの羽化のように、被写体が全く移動しない場合であれば
最初からストロボを三脚に固定しますが、
被写体がいかようにも動き回れる場合は、左手に持った棒つきストロボで、
移動する被写体に柔軟に対応できるようにします。
棒つきストロボを使った照明方法については、当ブログの過去記事をご参照ください。
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html