少し前の記事に書いたクヌギの樹液酒場ですが、
夏の盛りを前に、意外な形で閉店を余儀なくされました。

ある町の、公立の運動公園に隣接した木立の中の1本なのですが、
スズメバチが集まることで、町に「通報」が行ったのでしょう。
樹液の出口すべてを、樹脂でふさがれてしまいました。

「樹液酒場の突然の閉店」
「樹液酒場の突然の閉店」

その後、さらにていねいな処置がほどこされ、ビニールで覆われることに・・・。
ビニール越しに、中が蒸れているのが透けて見えます。

「ビニールで覆われたクヌギの木」
「ビニールで覆われたクヌギの木」

残念な結果に終りましたが、
伐り倒されなかっただけでも、よしとしなければいけないのかもしれません。
運動公園利用者がお弁当を広げる木陰なので、
通報があったら、町も放置はできないでしょう。

夏の断片をもう一つ。

夕方に、低空で旋回飛行をするウスバキトンボがいました。
マンホールの上をかすめるように、何匹も飛び回っています。
何をしているのでしょう?

「マンホールの上を飛び回るウスバキトンボ」
「マンホールの上を飛び回るウスバキトンボ」

もう日が陰るころの時間帯で、コンパクトカメラしか持っていなかったので、
微力な内蔵ストロボでは、トンボの姿がわかるように撮ることは不可能でしたが、
黄色い矢印の物体が2匹のウスバキトンボです。
マンホールに近づいて、赤い矢印の部分を見てみると・・・。

「汚水で発生したユスリカ」
「汚水で発生したユスリカ」

これを食べていたのでしょう。
羽化したユスリカが、次々にマンホールの穴から飛び立っていきます。
こんなエサ場をよく見つけたな、と感心しましたが、集まっていたウスバキトンボは
5匹ほどいました。5匹が別々に、この豊穣のエサ場を見つけ出したのでしょうか、
それとも、先行する1匹の行動を「見とがめて」、
「われも、われも」と割り込んできたのでしょうか。
最初からこの場所で見ていたかったな・・・と思いましたが、
来年また同じ時期にここに来ることがあれば、そんな機会もあるかもしれません。

意外なエサ場といえば、こんな珍しいシーンも。

「コイの死骸から吸汁するアゲハ」
「コイの死骸から吸汁するアゲハ」

花の蜜を吸うはずのアゲハが、腐ったコイの死骸で吸汁していました。
タテハチョウ科ではよく見られるシーンですが、
腐肉から吸汁するアゲハは初めて見ました。
並大抵の腐敗レベルではなく、ここまでの悪臭の中で撮影したのは初めてです。
珍しい場面を撮影できたので、まあ、よしとしましょう。

今回は美しい場面の写真がありませんが、
雨が多く、青空のもとで撮影すること自体が難しい夏でした。
今週末も、台風が日本列島を縦断するようで、
予定していた取材が、果たしてできるかどうか・・・?