雑木林の樹液酒場が虫たちでにぎわう季節となり、
近所の1本のクヌギの木に足しげく通っています。
樹液昆虫を観察するには、2009年に出版した『樹液に集まる昆虫ハンドブック』にも
書きましたが、日常的に通える範囲によい木を見出すことが、
その後の観察の成否を左右します。

『樹液に集まる昆虫ハンドブック』(2009年7月 文一総合出版)
『樹液に集まる昆虫ハンドブック』(2009年7月 文一総合出版)

ぼくがこの本の取材をしたのが2008年のシーズンでしたから、
もう10年もの間、この木は安定して樹液を出し続けていることになります。
樹液を継続的に浸出させる原因を作る昆虫としては、
カミキリムシやボクトウガの幼虫が主役ということになりますが、
この木は、ボクトウガの幼虫が樹皮の傷口に常駐して傷口を攪拌し、
木が傷口を回復させるのを阻害し続けています
(このあたりのプロセスも、ハンドブック内で解説しています)。

「樹液に口吻を伸ばすベニスズメ」
「樹液に口吻を伸ばすベニスズメ」

この樹液酒場では、おなじみの顔、ベニスズメ。
灯りを非常に気にする蛾で、多くの場合はライトを当てただけで、
樹液から飛び去ってしまいます。
暗やみの中で、樹液を吸いながら空中に停止しているはずのベニスズメの気配に
神経を集中させ、ライト点灯と同時に瞬間的にピントを合わせ、
ストロボの閃光で写し止めます。
カメラを右手に持ち、左手には、棒の先端に2灯目のストロボをつけて、
ベニスズメの背後からも光を入れています。
本当ならば、手が3本欲しいところ。

「セアカヒラタゴミムシ」
「セアカヒラタゴミムシ」

意外なお客さん、セアカヒラタゴミムシ。
樹液に来ている姿は初めて見ました。
へえ~ お前も飲みに来るのかあ・・・と、ちょっとびっくり。

「なぜここに来たのか?(コウスバカゲロウ)」
「なぜここに来たのか?(コウスバカゲロウ)」

空中停止飛行をまじえながら、樹液に向かって何度も接近していた不思議な虫。
ここで見かける常連ではないので、1匹を網ですくってみました。
その正体は、コウスバカゲロウ。
アリジゴクの親であり、成虫になってからも、食性は肉食であるはずです。
果たして、樹液自体を求めてやってきたのか、
それとも、樹液に集まってくる微小な昆虫を捕食するためにやって来たのか?

樹液に着地はしなかったものの、ウスバカゲロウ類も灯りに敏感な虫ですから、
ぼくのライトを嫌ってのことかもしれず、
邪魔者がいなければ、樹液に着地していたのかもしれません。
ウスバカゲロウ類は肉食とはいえ、リンゴなども、切って与えれば食べるのです。
樹液を欲することがあっても、おかしくはありません。

「カブトムシのオス」
「カブトムシのオス」

樹液酒場の重鎮といえば、やっぱりこの人。
平べったいクワガタムシとはひと味ちがう、重量感抜群の分厚い体。
体の厚みを立体的に表現するために、こちらも2灯目のストロボを使います。
右の写真は、カブトムシのお尻の右上から2灯目が光っています。
最近では、左の写真のようなストロボを1灯ポンと焚いただけの雑な撮り方では、
なかなか写真を使ってもらえなくなりました。
野外でも、スタジオ撮影に近い、きちんとしたライティングが求められます。

「キシタバの翅の開閉」
「キシタバの翅の開閉」

樹皮に似せた地味な前翅と、鮮やかな原色をした派手な後翅。
シタバガの仲間は、みなこのような翅の組み合わせをしています。
まずは樹皮擬態で鳥などの捕食者の眼を欺き、ごまかしが効かなくなると、飛んで逃げる。
そして飛ぶ瞬間に出現する鮮やかな後翅に、鳥などは一瞬ひるむのではないか、
と言われています。その一瞬の隙が、生死を分けることもあるのでしょう。

少々、翅の開き方が甘いカットになってしまいました。
図鑑でしばしば必要とされる定番の写真なので、これまでに何度も使ってきた
ベニシタバの写真(※)に代わるものをもう1セット持っていたいのですが、
今回はその目的を十分に達することができませんでした。残念。

新しい出会いを求めて、もうしばらくこの樹液酒場に通ってみたいと思います。

※ 『小学館の図鑑NEOポケット昆虫』の163ページなどでご覧いただけます。