2017.02.08  光芒
 ブログの更新が滞っており、とうとうお叱りのご連絡をいただきました。すみません。
現在、5月発売予定の本の準備に忙殺されており、このような状況がしばらく続きます。
新撮が可能なものは新撮したい、とジタバタしてきましたが、ようやく一段落し、
これからしばらくは、デスクワーク一辺倒の毎日が始まります。

さて、前回のブログ記事で、
「温暖な気候の常緑広葉樹林で越冬するイメージを出すには、背景のグリーンに加え、
太陽の光芒をどうしても画面に入れたかったのですが~」 と書いたところ、
この6本の光芒はフィルターを使って出すのですか? というご質問をいただきました。
個別には、すでにお答え済みですが、ブログネタもなくてよい機会なので、
ここにも記しておくことにしたいと思います。

6本の光芒が出ている写真というのはこれです。

葉裏で越冬するオオキンカメムシ
「6本の光芒」

太陽から伸びる放射状の光が「光芒」ですが、
6本伸びていますね(右上の2本は、明るく飛んでしまって見えませんが)。
「スノークロス」と呼ばれるソリッドフィルターを使うと、
確かに光芒を6本出すことができますが、この写真で使用したのは対角線魚眼レンズで、
物理的にソリッドフィルターを取りつけることができません。

フィルターを使わなくても、レンズの絞り羽根を使って光芒を出すという方法があり、
絞れば絞るほど、光の脚は長く、鋭く伸びていきますが、
光芒の本数は、絞り羽根の枚数で決まってしまいます。
6枚羽根のレンズなら6本、8枚羽根のレンズなら8本の光芒が出るわけですが、
7枚羽根のレンズを使うと、7本ではなく14本の光芒が出ます。
偶数の絞り羽根を持つレンズでは、羽根の枚数と同じ本数、
奇数の絞り羽根を持つレンズでは、羽根の枚数の2倍の本数が出ると決まっており、
特別なフィルターでも使わないかぎり、奇数の光芒が出ている写真というのは、
おそらくないはずです。

6枚の絞り羽根を持つ対角線魚眼レンズ
「6枚の絞り羽根を持つ対角線魚眼レンズ」

こちらが、オオキンカメムシの写真に使った対角線魚眼レンズ内部の絞りです。
望遠系のマクロレンズでは、背景のボケ味も大切なので、
絞り羽根の枚数が多く、可能ならば「円形絞り」が採用されたものを選びますが、
画角の広い魚眼や超広角系のレンズでは、もともと背景は大きくボケないし、
画面内に太陽を写し込むケースの多いレンズとして、
ぼくは光芒の出方のほうがずっと気になります。
光芒の本数は、多いほうが格好がよい、という人ももちろんいるでしょうが、
ぼくは「太陽の光芒は、6本出るのが最も美しい」と思っていますので、
購入を考えている魚眼・超広角系レンズが6枚羽根を採用していれば、
その点については願ったり、ということになりますね。

春の気配が感じられる頃には、
ブログの更新頻度も上がっていくと思いますので、しばしご容赦を。