上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.01.09  城ケ島へ
 1月7日に、昆虫写真家・尾園 暁さんのご案内で、
三浦半島の先端にある城ケ島まで昆虫観察に行ってきました。
島といっても、橋で結ばれており、車で行くことができます。
雲ひとつない青空が、5人のメンバーを出迎えてくれました。
ポカポカ陽気で、1月とは思えないぐらいです。

青空のもと、虫さがし
「青空のもと、虫さがし」

さっそく、今日のお目当ての虫・オオキンカメムシを尾園さんが見つけました。
もともと、いる場所を尾園さんがピンポイントで見つけてくれていたので、
到着してから、わずか5分後のことです。
こうして目的の虫まで誰かに案内してもらい、あとは撮るだけというスタイルを
この業界では「殿様撮影」と言いますが、本当にそんな感じです(笑)。

葉裏で越冬するオオキンカメムシ
「葉裏で越冬するオオキンカメムシ」

2012年に房総半島で観察したときは、5匹以上で身を寄せあう越冬集団が
いくつも見られたのですが、ここでは1匹ずつ分散して葉裏に止まっており、
高いところにいた3匹の小集団が最大です。
高所は望遠レンズを使うしかなく、本種の越冬写真は、それでは絵にならないので、
いちおう複数で身を寄せあっていることがわかる2匹を広角撮影しました。
温暖な気候の常緑広葉樹林で越冬するイメージを出すには、背景のグリーンに加え、
太陽の光芒をどうしても画面に入れたかったのですが、これが意外に難しく、
入れすぎると全体に紗をかけたようなフレアやゴーストが発生するので、
太陽の高度に合わせ、虫が止まっている葉で光を一部さえぎりながら、
葉のすき間から光芒が伸びるように工夫しました。

目的のオオキンカメムシが早々に撮影できたので、みんなでランチ休憩をかねて海岸へ。
潮の香りのなか、キラキラ輝く海面に、しばし見とれます。

輝く海
「輝く海」

ふと見上げれば、それぞれの電柱のてっぺんには、鳥たちの姿が。

睥睨(?)する鳥たち
「睥睨(?)する鳥たち」

「気をつけないと、トビにお弁当を持って行かれますよ」
尾園さんが注意してくれたので、上空をうかがいながら、手早くお弁当を食べます。

お弁当の入っていた白いコンビニ袋をひらひらさせてみると、
トビがぐるぐると旋回飛行を始めました。
1羽だけではないので、四方八方に注意を払わないといけません。
トビ以外の鳥も多く、そちらに気を取られていると、
1羽のトビが頭上まで迫っていました。
危ない危ない。もう、挑発するのはやめましょう。

空の支配者たち
「空の支配者たち」

色々なものにカメラを向けながら歩くので、ぼくはどうしても遅れがちになります。
先行するメンバーが次々にしゃがみこみ、地面にカメラを向け始めました。

板切れ1枚のシェルター
「板切れ1枚のシェルター」

放置されていた板切れの下には、驚くべき数のヤゴの姿が。
まとまった雨がしばらく降っていないため、本来はこの場所に常時あるはずの
淡水の水たまりが干上がってしまい、わずかな湿り気を求めてこの板の下に
避難したのでしょう。アオモンイトトンボやアカネ系のヤゴの姿も見られましたが、
大きなギンヤンマの幼虫の姿(矢印)がひときわ目立ちます。

干上がっていない水たまりには・・・
「干上がっていない水たまりには・・・」

大きな水たまりは、まだ十分な水をたくわえており、
さまざまな生きものの姿が見られます。
水中を覗きこむのは、当ブログにたびたびご登場をいただいている、
日本蛾類学会の阪本優介さん
知識・情熱ともにずば抜けた在野の研究者で、ぼくの尊敬する虫屋です。

おびただしい数のコマツモムシ
「おびただしい数のコマツモムシ」

水中には、おびただしい数のコマツモムシの姿が。
ハイイロゲンゴロウや、コミズムシsp.の姿も見られました。
水面下には、アミミドロのような藻類が一面にはびこっていますが、
これにもぐりこむようにして、虫たちは体を安定させています。
水生昆虫の多くは体内に空気をためているので、何かにつかまっていないと
浮きあがってしまうことが多いのですが、この「藻類のふとん」は、
虫たちの水中での定位にひと役買っているようです。

尾園さんと阪本さん
「尾園さんと阪本さん」

水に落ちないように、おっかなびっくり撮影している姿はユーモラスで、
ひとしきり虫を撮影したあとは、お互いのそんな写真を撮り合って楽しみました。
気づかれる前にぼくを撮影してドヤ顔(?)の尾園さんと、
ぼくとお互いにカメラを向け合う阪本さん。

4人のメンバーはここで海辺をあとにしましたが、阪本さんだけはひとり残って、
その後も心ゆくまで海浜性昆虫の観察を楽しまれたようです。
こういうところが、彼は本当にすごいなと思います。

オオキンカメムシの幽玄の輝き
「オオキンカメムシの幽玄の輝き」

オオキンカメムシの本当の美しさは、背面のオレンジ色ではなく、
腹部側面にわずかに見える、紫色の輝きにあります。
背面のオレンジ色は、ペイントしたようなベタ塗りですが、
腹部側面は、見る角度によって輝き方が微妙に変わるので、おそらく構造色でしょう。

上の白バック写真は、5年前に撮影した房総半島の個体群のものですが、
今回の三浦半島の個体群も、同じ位置が紫色に妖しく光っていました。
「あそこの紫色がいいんだよね~!」
そんな会話が通じたら、その人は、相当のカメムシ通(?)です。

尾園さん、みなさん、楽しい1日をありがとうございました!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
尾園さんから、今回のオオキンカメムシは、
「ふしあな日記」のSpaticaさん(青木さん)からポイントを教えてもらったので、
自分も殿様撮影みたいなものです、とご連絡がありました。
そういうわけで、青木さんにこそ、一番感謝しなければなりませんね。
青木さん、ありがとうございました。(1月12日に追記しました。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。