前回、ヒトスジシマカが腕に止まっている写真をアップしたら、
ある女性に、「森上さん、肌がすごく汚ない」と言われてしまいました。
思わず、「感想はそこかい!」とツッコミ返して? しまいましたが、
こうして、意外なところから、思いがけないタマが飛んでくる、というのが、
ブログをやるということなのでしょう(笑)。
ルーキーが厳しい洗礼を受けた気分ですが、気を取り直してフィールドへ出てきました。

近所の公園に、シナノキが数本、植えられています。
本来は山に生えている木で、この場所に最初からあったものではないでしょう。
この木で、「タケウチトゲアワフキ」という小さな虫が、ひっそりと代を重ねています。
セミに近い仲間で、成虫でも8ミリほどのちっぽけな虫ですが、
5月の連休ごろに現れる成虫は海外のツノゼミのような不思議な姿をしており、
知る人ぞ知る、人気昆虫です。
おそらくは、シナノキについて、どこかの山から運ばれてきたのでしょう。
この場所に定着した経緯の是非はさておき、
自宅近くでこの虫が観察できるというのは、ちょっと得をした気分です。
タケウチトゲアワフキ成虫(白バック)
「タケウチトゲアワフキ成虫(白バック)」

例年、5月に成虫を見たあとは、タケウチトゲアワフキのことは忘れているのですが、
幼虫期であるはずの今、どのように過ごしているかが気になり、様子を見に行ってきました。
シナノキの細枝に、まるで幾重にも指輪をはめたかのような、
不思議なリングがはまっています。これが幼虫の巣です。
タケウチトゲアワフキ幼虫の巣
「タケウチトゲアワフキ幼虫の巣」

枝を完全に一周しているわけではなく、裏から見ると、壺の口のような開口部があり、
時おり、こうして幼虫の排泄物が雫となって落ちてきます。
幼虫は巣内に身を潜めたまま、枝に口吻を突き刺して、汁を吸っているのです。
タケウチトゲアワフキ幼虫の排泄
「タケウチトゲアワフキ幼虫の排泄」

アワフキといえば、通常はふわふわした泡状の巣に幼虫が潜んでいるものですが、
タケウチトゲアワフキの巣はソリッドな「構築物」で、かなりイメージが異なります。

持ち帰った巣を、慎重に割ってみました。
ピキッ!という乾いた音がして、意外なほど簡単に亀裂が入りました。
中は液体で満たされており、動くものがいます。針の先に引っかけるようにして、
少しずつ、そうっとその体を引きずり出しました。
体長3ミリほどの幼虫が姿を現しました。なるほど、アワフキの幼虫らしい姿をしています。
タケウチトゲアワフキ幼虫(白バック)
「タケウチトゲアワフキ幼虫(白バック)」

顔が下につくのをいやがるように、脚をつっかい棒にする、この姿勢をくずしません。
ほかの幼虫も同様で、これはこの個体に限ったことではないと確かめましたが、
いったい、このポーズには、どんな意味があるのでしょうか?
巣の中にいれば歩く必要もないはずの幼虫が、
意外なほどしっかりした脚を持っている、というのも、思いがけない発見でした。