上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 飯田 猛さんのご本を紹介します。
『森のたからもの探検帳』。 世界文化社からこの秋出たばかりで、好評発売中です。

『森のたからもの探検帳』
『森のたからもの探検帳』
http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/16426.html

飯田さんは、編集者として数々のヒット作を世に出してきた方で、
ぼくの『散歩で見つける 虫の呼び名事典』(2013年 世界文化社)も飯田さんの編集です。
発売から3年経ったこの夏も、ごく短期間とはいえアマゾン「昆虫学」ランキングの
1位になっていましたから、ヒット作と言ってよいでしょう(笑)。

『森のたからもの探検帳』は、生きものが森に残した痕跡を、
すてきな文章とビジュアル(写真&イラスト)で紹介した本です。
飯田さんがこういうものに興味をお持ちだということは知っていましたが、
こんなにも深い造詣と、いつくしむようなまなざしで
それらを見つめているとは知りませんでした。
リスが松ぼっくりを食べたあとの、エビフライそっくりの落としもの。
アカネズミによるクルミの食痕や、さまざまな木の実のコレクション。
そして美しい落ち葉や、鳥の羽の落としものなど。
読み終えたあと、すぐにも森へ探しに出かけたくなるほど魅力的に描かれています。

ぼくは痕跡よりも、生きものそのものを追いかける毎日を送っていますが、
それは時に、その生きものの生活に大なり小なりのダメージを与えることにも繋がります。
この本の中には、鳥の巣も出てきますが、そこには
「子育てが終わったら多くの鳥の巣は無用となり朽ちていきます。
 ですから鳥の巣の採集をためらう倫理的な問題はありません」 と書かれており、
このように一歩引いたスタンスで、「生きものの生きざまに、直接干渉はしない」
という姿勢こそ、生きものの痕跡からこれだけの魅力を引き出せる視点の
ベースになっているのかもしれないなあ・・・と思いました。

この本のユニークな点のひとつですが、森の落としものをどのようにプレゼントすれば
より人に喜んでもらえるか、といったところにまで気が配られており、
その方法を紹介した4ページは必見です。
ギフトボックスの展開図まで掲載されていて、このページを拡大コピーして作れば、
森の落としものが、すぐにも意外性のあるプレゼントに変身します。
メッセージも添えた完成品の写真が出ていますが、これは欲しい!と思いました。

掲載されている写真はどれも美しく、おそらくご自分で撮られているのではないだろうと
思って、大変に失礼なメールを送ったのですが、7割ぐらいはご自分の作品だそうで、
これには驚きました。ぼくの写真に厳しいダメ出しをされても、
今後は無駄な抵抗はせず、おとなしく撮り直さないといけません(笑)。

この本があまりにも売れすぎて、飯田さんの作家稼業が忙しくなってしまうと、
ぼくの本の編集をしてもらえなくなりそうで心配ですが、
そうならない程度のヒット? を祈りたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。