9月4日(日)のこと。 テレビのお天気コーナーで、
「秋の気配も感じられるようになり、昨日は横浜でコオロギの初鳴きが聞かれました」、
と言っていましたが、これがもし、気象報道のプロという立場からの公式コメントで、
テレビを通じて発信するほどの公益性のある情報ならば、
相当にレベルの低い観測が行われていることになります。
関東平野におけるコオロギ類の初鳴きであれば、1ヶ月も前に記録されていなければ
おかしく、8月3日ならともかく、9月3日まで気づかないでいるようでは、
観測の意義がありません。お盆を過ぎてから、ヒマワリの開花に気づくようなものです。

エンマコオロギのオス(白バック)
「エンマコオロギの♂(白バック)」

ヒグラシもよく、「秋の気配」の引き合いに出されますが、虫をよく知る人から見れば、
こちらも「少しも自然を見ていない」と言えますね。「涼しくなってから鳴くセミ」と
思い込んでいる人が多いのですが、誤って秋の季語にされてしまったことの影響でしょう。
関東平野で鳴く5種類の夏のセミのうち、ヒグラシはニイニイゼミ(6月下旬)に次いで
2番目に出現が早く、7月なかばにはその声を聞くことができます。
鳴き声がいかにも涼しげであるからといって、
よく観察もせずに秋の季語としてしまうのは、あまりにも短絡的です。

そのヒグラシもほぼ死に絶える9月を迎えて、
ようやく、「カブトムシvsクワガタムシ」の撮影を済ませました。
季節感に疎い人をこきおろしたばかりですが、
ぼくの仕事の「季節遅れ感」も相当なものです。
「カブトムシvsクワガタムシ」は、需要の多い写真ですが、
それだけに発表した写真が新鮮さを失いやすく、常に新作を求められます。
毎年、新作を撮らねばならないことはわかっているのですが、
ほかの撮影に時間を取られ、「ああ、今年も新作が撮れなかったなあ・・・」
ということが続き、「今年こそは!」と思っていました。
飼育下のカブトムシ、クワガタムシが次々に死に始めたので、一刻の猶予もなく、
ようやくスタジオにセットを組んで撮影したというわけです。

9月にこんな撮影をしているというのは、もう2学期が始まっているのに
夏休みの宿題を残しているようなもので、昆虫写真家としては本来あるまじきことです。
2週間以上も前から、ツクツクボウシの鳴き声が
(宿題やったか? 宿題やったか? やったかやったか・・・?)と聞こえるようになり、
心穏やかでありませんでしたが、ようやく撮影を終えてスッキリしました。

カブトムシもノコギリクワガタも、もうオスが1匹ずつしか生き残っていなかったので、
同じモデルさんで、「闘い」の連続カットを何セットか撮らせてもらいましたが、
何度立ち向かっても投げ飛ばされる一方だったノコギリクワガタが、
最後は空中で半回転の「ひねり」を加えて反撃する、という面白い写真が撮れました。
そう何度も同じ手は食わないぞ! と学習したのか、
あるいは単なる偶然なのかわかりませんが、まあ、おそらくは後者でしょうね。
この闘いを最後に、カブトムシの方がマッチアップを拒否するようになってしまったので、
学習の効果かどうか、確かめることはできませんでしたが。

ノコギリクワガタの意外な反撃
「ノコギリクワガタの意外な反撃」

リオ・オリンピックの決勝で、投げにいった吉田沙保里選手が次の瞬間、
相手にバックを取られてしまうという悲しい場面がフラッシュバックしましたが、
体の硬い外骨格の昆虫の行動が、しなやかな人間の動作に重なって見えるというのも、
なんだか不思議な気がします。

カブトムシの投げが決まった瞬間
「カブトムシの投げが決まった瞬間」

勝敗は通常、このように決します。
それこそ、発表してしまうと新鮮さを失うので、
ベストショットの連続カットは、ここではお見せすることができませんが、
夏休みの宿題はやはり、コオロギの初鳴きの頃までには着手すべきですね。
きょう9月6日は母の命日ですが、母が今も生きていたなら、
「信夫は、小学生の頃から少しも進歩していない!」と言って叱られそうです。