8月21日(日)に、「たまがわ・みらいパーク」で「昆虫写真の撮り方講座」を
行いました。 「みんなでつくろう! 立川いきものデータベース 第1弾 昆虫編」
という企画が近日中に始まりますので、それに備え、東京都立川市からのご依頼で
「昆虫の探し方、近づき方、撮影のコツ」などをお話しさせていただきました。

「立川いきものデータベース」サイトの、プレオープン版がこちらで見られます。
https://ikimono-tachi.jp/
近日中に本格稼働の予定で、写真の投稿資格は、立川市民でなくてもよいそうです。

講座は、
(1)スクリーンに投影した作例写真をご覧いただきながらの座学
(2)室内での撮影指導
(3)野外での実習
と3つのステップで行いました。

座学の時間(Kさん撮影。以下同)
「座学の時間(Kさん撮影。以下同)」

黄色の矢印がぼくです。
小学生からシニア層まで、幅広い年齢のお客さんにお越しいただいたため、
もしかしたら、お子さんには少しむずかしいお話もあったかもしれません。

室内での撮影指導(参加者の方にはモザイクをかけてあります)
「室内での撮影指導(参加者の方にはモザイクをかけてあります)」

「ムシムシ探検隊・立川」の加藤さんと千葉さんにご協力をいただき、
カブトムシ、ノコギリクワガタ、ゴマダラカミキリ、ナナフシなど、
前もって採集していただいた昆虫をモデルに、まずは室内でのウォーミング・アップ。
逃げられるかもしれない・・・という不安がないと、
思う存分、さまざまな撮り方を試してみることができます。

参加者のみなさんのカメラは、一眼レフあり、ミラーレス一眼あり、コンデジあり、
そして、スマホやタブレットまであって、フィルムカメラで育ったぼくとしては、
新しい時代を感じます。タブレットなどは、撮影後の表示画面がパソコン並みに大きく、
目の前にいる実物の昆虫よりも、表示サイズの方がはるかに大きいわけですから、
迫力満点です。

野外での実習(参加者の方にはモザイクをかけてあります)
「野外での実習(参加者の方にはモザイクをかけてあります)」

抜けるような青空のもとでの野外実習。
前日までの雨の予報が嘘のようです。
野外では、虫を見つけること、逃げられないように近づくこと、
これら「撮影以前」の段階が意外にむずかしいものだということも、
実際に体験してみないとわかりません。
多摩川の河川敷は明るく、この日はそれほど風も強くなかったため、
撮影には絶好の条件でしたが、ひとたび雑木林に入れば
撮影に十分な明るさがなかったり、あるいは、ヤブカの猛攻撃を受けたり、
そのうえ強い風でも吹くと、撮影の難易度はぐんと高まります。

昆虫撮影では、前かがみになることが多いため、暑い季節には
額から流れ落ちる汗で、メガネのレンズがびしょびしょにもなることもあります。
そうなると、肉眼で昆虫をしっかりとらえることさえむずかしくなるため、
メガネ使用者はヘアバンドなどで、流れ落ちる汗をせきとめた方がよいということも、
座学の時間にお話ししました。

講座に参加されたみなさんは、その後、傑作が撮れたでしょうか?
「立川いきものデータベース」への、すばらしい投稿をお待ちしています。