月あかりの届かない巨木の下にさしかかった時、黒い影が近づいてきました。
一瞬、ドキッとしましたが、仲間の誰かにちがいありません。

「誰?」、「林です」、「お~、林さん来てたの!」
4基目のライトトラップは、林 正人さんが設置したものでした。
林さんは直翅類(バッタ類)の専門家で、ちょっと天才的なひらめきを持つ虫屋です。
今回も、4基目はなかなかスゴイと聞いていたので、林さんとすれちがったあと、
そのまま暗い道を進んでいくと・・・。

なぞの発光物体
「なぞの発光物体」

駐車場を煌々と照らす、なぞの発光物体。
これがその、ライトトラップ??

その4:バルーン積載車
「その4:バルーン積載車」

こ、これはすごい。機動性抜群の「ライトトラップ車」です。
どんなデコトラ・オーナーでも、これには一目置かざるを得ないでしょう。
工事現場で使われるバルーン投光機を見て、(これをライトトラップに使えないか?)
という発想を持てるというのは、う~ん、やっぱり林さん天才だわ。
さすがに、このまま走行してきたわけではなく(笑)、
バルーンの部分は外して運転したそうですが。

バルーンの本来の使い方
「バルーンの本来の使い方」

車と機材が一体化しているのが仇となり、車止めを超えて森に入ることができなかったため、
やむなく駐車場内での設営となったそうです。
集まってきている虫の数は、確かに「電気クラゲ」とくらべて見劣りがしますが、
一度は、同一条件での対決(?)を見てみたい気がします。
ぼくは自分ではオリジナル機材を作れないくせに、すっかり目だけが肥えてしまい、
ライトトラップ評論家のような気分で4基の間を行き来しながら、
しあわせな気分にひたりました。

夜明けが近づいてきました。真夜中のショーもここまで。

電気クラゲの消灯
「電気クラゲの消灯」

傘にしがみついている虫は、こうやって森へ返します。

傘をゆらして虫を振り落とす
「傘をゆらして虫を振り落とす」

徹夜明けは、誰もが無口です。
一行はそれぞれ、途方もない眠さと、大きな満足感を胸に、森の出口へ。

眠い目に映る光景
「眠い目に映る光景」

「お疲れっす!」「じゃあ来月ね!」。
また1ヵ月後、この森には魔法の光がともされ、
そこには、おびただしい鱗翅類と、そして霊長類が集まってくるのでしょう。

ぼくらの秘密基地?
「ぼくらの秘密基地?」