上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新刊の発売が決まりましたので、ご案内をさせていただきます。
『ポケット版 身近な昆虫さんぽ手帖』。 来週末に世界文化社から発売になります。
アマゾンには、6月2日発売と出ていますが、
書店の店頭に並ぶのは、おそらく3日以降になると思います。

『ポケット版 身近な昆虫さんぽ手帖』(世界文化社)¥1,200(税別)
『ポケット版 身近な昆虫さんぽ手帖』(世界文化社)¥1,200(税別)

表紙には、「名前の由来が楽しくわかる!」とキャッチがありますが、
2013年に同社から出した『散歩で見つける 虫の呼び名事典』の姉妹編のような本で、
解説文の冒頭で、それぞれの虫の和名の由来について語っています。
「虫の呼び名事典」のように名前の由来に特化した本ではないので、
より身近な昆虫をキャスティングし、持ち運びに便利な文庫本サイズ、
読者自身に書き込んでいただく観察メモ欄、そして表紙には撥水加工と、
「さんぽ手帖」と呼ぶにふさわしい本に仕上げました。

発売は当初、5月下旬を予定していましたが、どうしても春に新撮したかった虫がおり、
その羽化を待ったため、若干遅くなりました。
この企画のお話を電話で受けたのは、虫の姿もほとんど見えない真冬の時期で、
「身近な」というタイトルにふさわしい150種分の昆虫の写真が、
果たしてストックだけで揃えられるか? と一瞬思いましたが、
「やります!」と即答してしまったので、
電話を切った後、大慌てでストックを漁ることになりました。
結果的に148種分はストックがあり、2種のみ、白バック写真を新撮させてもらうことに
なりました。1つの種につき、白バックと生態写真、2点の組み合わせを基本とし、
一部の種には、類似種や季節型、個体変異などの写真も添えています。

今回は、ストック写真とはいえ未発表のカットが多く、
160ページの本に368点の写真を投入するというかなり贅沢な構成で、
内容も、後ろあし1本で枝にぶら下がりながらアブラゼミを捕食するヤブキリや、
ぼくの体から吸血するウシアブの写真、
ミンミンゼミのページにはいわゆる「ミカドミンミン」の白バック写真も掲載するなど、
非常に盛りだくさんの内容となっています。

「ページのサンプル」
「ページのサンプル」

アマゾンで「なか見」としてオープンになっている3見開きを、ここにもアップします
(カワトンボは、白バックが「アサヒナ」で、生態写真が「ニホン」です)。

企画のコンセプトとしては、これから昆虫観察を始める方、
あるいは、昆虫観察を始めたばかりの方に向けて書かれた本、ということになりますが、
「コテコテの虫屋さん」に楽しんでいただけるようなポイントも、
随所に散りばめてあります。

先週、刷り出し立ち会い(出張色校正)に行ってきましたが、
非常によい色が出たと思います。ぜひ、多くの方のお手もとに届きますように・・・
と願いながら、著者も編集者も大満足で印刷所を後にしました。

『ポケット版 身近な昆虫さんぽ手帖』 を、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
 4月最後の日、1時間ほど電車に揺られ、トゲアリに会いに行ってきました。
今回はいつも行くフィールドではなく、まだトゲアリを見たことのない場所ですが、
何年か前にここで見た人がいるということを、Webで確認していました。

ぬけるような青空のもと、すぐに林内に入ってしまうのは、いかにももったいなかったので、
午前中は草地や湿地など、陽あたりのよい場所で虫を探しました。
湿地にはシオヤトンボの姿が見えますが。シオカラトンボはまだ出ていないようです。
1頭のカラスアゲハが吸水しており、美しい翅を見せてくれました。

カラスアゲハの吸水
「カラスアゲハの吸水」

林内に入ると、若葉ごしの陽光が美しく、まだ夏の雑木林のような薄暗い感じがありません。
ほどなく、コナラの樹皮を歩くトゲアリの姿が目に入り、
その木の根元で大きな団塊を見つけました。

トゲアリがいたコナラの木
「トゲアリがいたコナラの木」

樹木の低い位置に非常に大きな集団を作るため、見つけやすいアリですが。
こんなに目立つ団塊となる理由は、まだよくわかっていないようです。
上の写真では、左手の枯死部分が、団塊のある場所です。

トゲアリの団塊
「トゲアリの団塊」

少し離れたところにいた1匹を狙って、ポートレートを撮影。
腰の2本の剣がカッコ良すぎます。

トゲアリ(働きアリ)
「トゲアリ(働きアリ)」

幹の反対側を見ると、イモムシを取り囲んでいる小集団が。

イモムシに噛みつく集団
「イモムシに噛みつく集団」

力を合わせてどこかに運んでいくというふうではなく、
思い思いの位置で噛みついているだけで、
少なくともぼくが見ていた小一時間の間、このイモムシは全く移動しませんでした。
いったい何をしているのでしょうか?

噛みついてはいるものの・・・
「噛みついてはいるものの・・・」

大あごで噛みついてはいますが、イモムシの外皮を破る力はないようです。
みんなが別々の方向に引っ張り合っているために、
イモムシが樹皮に張りつけの状態になっており、これでは、なかなか動かないでしょう。

イモムシに噛みつく集団(魚眼撮影)
「イモムシに噛みつく集団(魚眼撮影)」

あまりにも動かないので、レンズを付け替え、
周囲の状況がわかる環境写真も撮っておきました。

同じような条件の木は、周囲に何本かあるのに、
トゲアリが見られたのは、この1本のコナラだけでした。

2012年の環境省第4次レッドリストで、
絶滅危惧II類に指定されてしまったほど減少の著しい本種ですが、
また来年もここで見られますように・・・と祈らないではいられません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。