上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 5月のある晩のこと。
藪の中で、青白い影が激しく揺れていました。
ライトを向けると、クモの網にかかった1匹のオオミズアオの姿が。

クモの網にかかったオオミズアオ
「クモの網にかかったオオミズアオ」

右手にクモの姿が見えますが、あまりにも巨大な獲物に、手を出しかねています。
時おり近寄っていきますが、激しくはばたいて反撃されると、
すぐにしりぞいて安全圏から獲物を見守ります。

オオミズアオは、死にもの狂いで暴れていましたが、クモの巣を引きちぎることは
できないようで、このまま力尽きるのも時間の問題でしょう。
天寿をまっとうできないオオミズアオを不憫に思いましたが、
クモからせっかくの獲物を取り上げてしまうのは、もっと気の毒です。
この現場に何ひとつ介入せずに、ぼくは静かにその場を去りました。
                                    
自然の中では、こうした天敵による捕食を除けば、昆虫の死の瞬間を目撃する機会は
決して多くありません。寿命が尽きる、まさにその瞬間に立ち会うケースなど、
ほとんどないと言ってよいでしょう。

6月14日のこと。
別のオオミズアオの、そんな死の瞬間に遭遇しました。
6月なかばといえば、第1世代のオオミズアオはそろそろ死に絶え、
第2世代の幼虫の姿が枝先に見え始める時期です。
利用できる食樹の種類が豊富なオオミズアオですが、
ぼくは経験的に、ハナミズキは本種に好まれる樹種であると認識しており、
街路樹としてハナミズキが植えられている場所を通りかかったとき、
幼虫の姿でも見えないかと、枝先をチラチラ気にしながら歩いていました。

幼虫は見つからなかったけれど、
1本のハナミズキの下で、ぼろぼろになったオオミズアオの成虫に出会いました。
死んでる? 
・・・いいえ生きています。
痙攣するように、小さくはばたいています。

死にゆくオオミズアオ
「死にゆくオオミズアオ」

メスでした。
はねは、こんなにもボロボロだけれど、体がつぶれたりはしていない。
車に轢かれたわけではないでしょう。
ハナミズキの真下に横たわっていたということは・・・。

おそらく、このメスは、ハナミズキの枝のどこかに卵を産みつけ、
力尽きて、そのまま落下したのでしょう。
役目を果たし終え、今まさに死にゆくところに、ぼくは出会ったのだと思います。

命果てるときの、厳粛な瞬間です。
ぼくはこのオオミズアオの死に水をとってやるような心境で、
最期の瞬間を見守ることにしました。

細かく、細かくはばたいています。
その目には、沈む太陽が見えているでしょうか。
それとも、自分が卵をのこした梢を見上げている?

二つの落日
「二つの落日」

残照が輝きを失う頃、オオミズアオはすっかり動かなくなりました。
5分、10分待っても、ピクリとも動かない。
墓標のように立つ、傷だらけの翼。

そっと拾いあげてみました。なんと軽いこと!
卵を産みつくし、おなかの中は、きっと空っぽなのでしょう。
オオミズアオの重さがどれほどのものか、ぼくはよく知っています。

騒がしい街の、あわただしい夕暮れどき。
通りすぎる人たちの誰の関心をひくこともなく、
道路の片すみで、ひっそりと一つの命が閉じていきました。
スポンサーサイト
 月あかりの届かない巨木の下にさしかかった時、黒い影が近づいてきました。
一瞬、ドキッとしましたが、仲間の誰かにちがいありません。

「誰?」、「林です」、「お~、林さん来てたの!」
4基目のライトトラップは、林 正人さんが設置したものでした。
林さんは直翅類(バッタ類)の専門家で、ちょっと天才的なひらめきを持つ虫屋です。
今回も、4基目はなかなかスゴイと聞いていたので、林さんとすれちがったあと、
そのまま暗い道を進んでいくと・・・。

なぞの発光物体
「なぞの発光物体」

駐車場を煌々と照らす、なぞの発光物体。
これがその、ライトトラップ??

その4:バルーン積載車
「その4:バルーン積載車」

こ、これはすごい。機動性抜群の「ライトトラップ車」です。
どんなデコトラ・オーナーでも、これには一目置かざるを得ないでしょう。
工事現場で使われるバルーン投光機を見て、(これをライトトラップに使えないか?)
という発想を持てるというのは、う~ん、やっぱり林さん天才だわ。
さすがに、このまま走行してきたわけではなく(笑)、
バルーンの部分は外して運転したそうですが。

バルーンの本来の使い方
「バルーンの本来の使い方」

車と機材が一体化しているのが仇となり、車止めを超えて森に入ることができなかったため、
やむなく駐車場内での設営となったそうです。
集まってきている虫の数は、確かに「電気クラゲ」とくらべて見劣りがしますが、
一度は、同一条件での対決(?)を見てみたい気がします。
ぼくは自分ではオリジナル機材を作れないくせに、すっかり目だけが肥えてしまい、
ライトトラップ評論家のような気分で4基の間を行き来しながら、
しあわせな気分にひたりました。

夜明けが近づいてきました。真夜中のショーもここまで。

電気クラゲの消灯
「電気クラゲの消灯」

傘にしがみついている虫は、こうやって森へ返します。

傘をゆらして虫を振り落とす
「傘をゆらして虫を振り落とす」

徹夜明けは、誰もが無口です。
一行はそれぞれ、途方もない眠さと、大きな満足感を胸に、森の出口へ。

眠い目に映る光景
「眠い目に映る光景」

「お疲れっす!」「じゃあ来月ね!」。
また1ヵ月後、この森には魔法の光がともされ、
そこには、おびただしい鱗翅類と、そして霊長類が集まってくるのでしょう。

ぼくらの秘密基地?
「ぼくらの秘密基地?」
 5月28日(土)~29日(日)にかけて、さいたま市内で行われた
徹夜のライトトラップ調査会に参加してきました。
といっても、ちゃんと調査を行う数名以外は、ぼくも含め、単なる「やじ馬」です。
設置のお手伝いを終えたら、あとは、のんびりと見物しているだけ。

この調査会への参加は、ぼくは昨年の9月以来ということになりますが、
毎月1回行われている継続調査ですから、真冬でも、夜の森で1泊している人が
いるわけですね。今回、5月下旬でもけっこう体が冷えたというのに、
これを2月にやっているメンバーはすごいなと、心から敬服します。

今回のライトトラップ機材は、充実の4基。
1基だけの時もありますが、4基ともなると、森のあちこちに配置でき、
夜どおし巡回して観察できる楽しみがあります。

その1:ライトトラップのスタンダード版
「その1:ライトトラップのスタンダード版」

まずは、Mさん設置の、伝統的なライトトラップ。
ライトトラップと聞いて、最初に思いうかべるのは、このイメージです。
幕の表・裏いずれにも虫が集まり、2方向からの飛来が期待できます。
青紫色に見える暗いライトは、紫外線を出すブラックライト。
これだけでも虫は集まりますが、白い光の蛍光管が添えられているのは、
むしろ観察する人間のためのもの。
ブラックライトだけでは、虫が集まってきても、その光景を見ることができません。

その2:吊り下げ式のライトトラップ
「その2:吊り下げ式のライトトラップ」

こちらは、Kさんオリジナルの吊り下げ式。
かさばる支柱がなく、いつでも車に積んでおけるのがよいところです。
自立はせず、通常は木の枝などを利用しますが、
この緑地には、うまい具合に遊具があるので、ブランコを利用しています。
それにしても、離れて見ると、何とも怪しい光景ですねぇ(笑)。
「あとはミラーボールがあれば完璧だねえ・・・」と誰かが言っていましたが、
本当にそんな感じです。 何がどう「完璧」なのかは、ぼくも説明できませんけど・・・。

その3:通称「電気クラゲ」
「その3:通称「電気クラゲ」」

オリジナル機材としては、日本で最も有名なライトトラップのひとつ、
日本蛾類学会の飯森政宏さんによる、通称「電気クラゲ」です。
強力な誘導灯が、触手のように森の中に光を伸ばし、
吸いよせられるように飛んできた虫たちが、本体の灯りに引きよせられて、
レース状の幕と傘に着地するという仕組み。

「集客力」は抜群で、虫も、人も、このクラゲの周辺にいそいそと集まってきます。
その「銀幕の誘惑」には、誰もさからうことができません。
これまでにも数々の「初記録」をたたき出してきた魔法のライトですが、
今回も、まさかと思われるような埼玉県初記録の美しい蛾が飛来しました。

初記録の詳細は、ここでは語ることができませんが、
夜も更けて、おびただしい数の蛾が幕を埋めつくすようになりました。

銀幕のにぎわい
「銀幕のにぎわい」

なじみのお客さん ↓ にも、けっこうな大物が。

ライトに集まった蛾たち
「ライトに集まった蛾たち」

左上から時計回りに、セスジナミシャク、スカシノメイガ、ウチスズメ、
ハガタベニコケガ、クロシタアオイラガ、キエダシャク。

ウンモンスズメ祭り
「ウンモンスズメ祭り」

ウンモンスズメは、ちょうど新成虫の羽化時期だったのでしょうか。
新鮮な個体が次々に飛来して、参加者の目を楽しませてくれました。

彼こそ「ゲニの極み」だ
「彼こそ「ゲニの極み」だ」

「電気クラゲ」の下で、一心不乱に細かい作業をする男。
彼こそ、以前このブログで紹介した「ゲニの極み」こと、
日本蛾類学会の阪本優介さんです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -
別種発見の「初動捜査」としては、生殖器の形状比較は、きわめて有効な手段です。
専門家は交尾器を「ゲニタリア」(略してゲニ)と呼び、
解剖によりゲニを取り出すことを、俗に「ゲニを抜く」などと言います。
ゲニを抜く作業には、熟練の外科医のような手際が求められますが、
その友人の研究者は神業的な技術を持ち、在野にいながらめざましい発見を次々に
成し遂げていることから、ぼくは彼を「ゲニの極み」と呼んで奉っています(笑)。
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

3月13日のブログには、このように書きましたが、飛来した昆虫(今回は蛾ではなく、
おもに微小甲虫)を採集し、その場でゲニを抜き、正確な種名同定を行っているところです。
機材がそろった研究室ではなく、地べたでこんなことができる人が、
日本に何人いるでしょうか。 3ミリの昆虫のゲニは、1ミリにも満たないのです。
息をしただけでも飛んでいってしまいそうな微小器官を取り出し、
それを既知の種のものと即座に頭の中で照合する技術と知識は、人間わざとは思えません。
一連の作業を全てナマで見ることができ、ぼくはすっかり感動してしまいました。
これを見られただけでも、調査会に参加した意義があったというものです。

この日の月齢
「この日の月齢」

第4のライトトラップを見るために、しばし「電気クラゲ」のもとを離れることにします。
月が顔を出しており、一本道を迷うこともないはずです。
電池節約のため、ぼくはライトを消したまま森の中を進みました。
月光の届かない巨木の下にさしかかった時、何かが近づいてくる気配がしました。

(「銀幕の誘惑-2」に続きます)
 立教大学の野中健一教授にお誘いいただき、
昆虫食パーティー「ムシパ」に参加しました。
野中先生は、ご専門が「環境地理学」や「民族生物学」で、昆虫食文化研究の権威。
『虫はごちそう!』(小峰書店)や、『虫食む人々の暮らし』(NHKブックス)
などのベストセラーがあります。

ぼくは昆虫を食べることに、全く抵抗はありませんが、口に入れてしまうと
写真は撮れなくなるので(笑)、ふだんは食べる機会が全くありません。
透明の袋に入った昆虫食材がズラリと並ぶと、期待に胸が高まります。

さまざまな昆虫食材
「さまざまな昆虫食材」

メニューは、セミ、カメムシ、シロアリの女王、シロアリのワーカー(働きアリ)、
バッタ、地蜂(=クロスズメバチ)、カイコ(蛹)、モパニムシ(幼虫)など。
地蜂とカイコ以外は外国の昆虫で、「モパニムシ」というのは、
「モパニ」の葉を食べるという、南アフリカ産のヤママユガ科の蛾の幼虫だそうです。
昆虫本来の味を損なわないように、まずは薄味のクラッカーに載せた状態で、
シロアリやバッタなどをいただきます。

シロアリ(女王)、シロアリ(ワーカー)、バッタ
「左から、シロアリ(女王アリ)、シロアリ(働きアリ)、バッタ」

バッタは、「チャップリン」と呼ばれるメキシコ産の種類だそうで、
シロアリは、産地はうっかり聞きそびれてしまいましたが、
「働きアリより、女王アリの方がおいしい」とか。
イナゴの佃煮を食べた経験はあるので、かなり濃い味を想像していましたが、
どの虫も、意外なほどの薄味。途中からはクラッカー載せをやめて、
しっかりと味わえるように、虫だけをいただくことにしました。
シロアリは、確かに女王の方がずっとおいしい。味以前に、舌ざわりが全然ちがいます。
働きアリは「兵アリ」と呼ばれる大あごの発達したタイプで、
それでひときわ硬く、舌ざわりがよくないのでしょう。

セミ、カメムシ、カイコ(蛹)
「左から、セミ、カメムシ、カイコ(蛹)」

虫だけで味わってみた3種。
カイコの蛹だけは、これまでにも食べた経験があるのですが、
「ものすごくまずかった」という記憶しかありません。
「粉薬の詰まった袋」といった食感で、前に食べた時は、
噛んでいるとむせてしまいそうでした。そのくせ、袋(=外皮)の方は硬く、
いつまで噛んでいても口の中から消えてくれない、そんな印象を持っています。
今回の調理法では、そのあたりが多少改善されている・・・というお話でしたが、
う~ん、どうかな?(笑)。やはり、カイコの蛹はぼくの口には合わないようです。
「ナッツのような味がする」という評判のセミは、実際にそのとおりでビックリ。

宴もたけなわ
「宴もたけなわ」

野中先生の、おもしろくてためになるお話を聴きながら、
その場で昆虫を次々に味わってみられるというのは、なんとも贅沢なひとときです。
意外なことに、女性の参加者のほうが多く、中にはこんな方も。

野中先生と、小尾渚沙アナウンサー
「野中先生と、小尾渚沙アナウンサー」

野中先生の教え子にして、今は文化放送の人気アナウンサー、
小尾 渚沙(おび なぎさ)さんです。
アイドルアナとして、同期のアナウンサー2名と3人組のユニット「JOQガール」
を結成し、CDも出されています。
文化放送のコールサインはJOQRなので、「JOQガール」は、そこからの命名ですね。
虫など、絶対に食べそうにない方に見えますが(笑)、
しっかりと味わっていらっしゃいました。さすがは、野中ゼミ生。

地蜂と、地蜂ごはん
「地蜂と、地蜂ごはん」

地蜂(クロスズメバチ)のごはん。
やはり日本発のメニューは、ひときわおいしく感じられます。
噛んでいると、鼻から甘い香りが心地よく抜けていきますが、
ハチそのものの味が、ごはんを甘くしているそうです。
容器に入っているのが食材の状態。幼虫と蛹です。
蛹は、色づいて黒くなった羽化まぢかのものと、色づく前の、未熟なもの。
未熟な状態の方がやわらかく、おいしく感じられますが、
羽化まぢかのカリッとした感じも、これはこれで魅力的だと思います。

モパニムシのミネストローネ
「モパニムシのミネストローネ」

本日のメインディッシュ、「モパニムシのミネストローネ」。
イモムシの姿そのままのビジュアルなので、絶対にイヤだという人もいるでしょうね。
味は、正直に言えば、期待したほどおいしくはなかった(笑)。
イモムシのやわらかなイメージから想像したよりも、外皮が非常に硬く、
この食感が、味わいをかなり損なっているのではないかな・・・と思いました。
昆虫は外骨格ですから、外皮は硬くて当然なのですが、外皮を取り除くだけで
味が5割増しになるのでは? と思えるものがいくつかありました。

デザートなど
「デザートなど」

左から、シロアリのヌテラ(チョコレート風味の甘いスプレッド)、
エリサンの缶詰め、そして、食べものではありませんが、
カメムシと蘭から「におい成分」を抽出して作られたという、タイの香水。
これは文句なしに、よい香りがしました。

昆虫食材は高エネルギーで、少しの量で、満腹感が得られやすいのだそうです。
そうとは知らずに、虫だけでは足りないのでは・・・と思ったぼくは、
軽くおそばを食べてから参加したのですが、いらざる心配でした。
2013年には、国連食糧農業機関(FAO)が、「世界的な食糧問題の対策の一つとして
有益な食材になり得る」と、昆虫食を推奨する内容の報告書を発表し、
当時、各種メディアから「昆虫食が世界を救う!?」として大々的に報道されましたが、
日本でも本当に、昆虫があたりまえのように食卓に並ぶ時代が来るのかもしれませんね。

それにしても、楽しいパーティーでした。
野中先生、ありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。