2017.01.01  謹賀新年
 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、新年ということで、ぼくにしては珍しく、たまには写真機材について思うことを
語りたいと思います。
(長文で、専門的な話もしますので、機材に興味のない方は今回はスルーしてください。)

昆虫カメラマンのイメージとは、
「昆虫」と「カメラ」に並々ならぬ興味を抱く人、というものではないかと思いますが、
もう長いこと、ぼくはカメラへの興味を失ったままです。
学生時代に必死にアルバイトをしてカメラを買ったことが懐かしく、
どんなカメラでも買えるようになってみたら、欲しいカメラがひとつもなくなっていた、
というのは皮肉なものだと思います。

どんなカメラでも買える、と言っても、別にぼくが金持ちということではないですよ(笑)。
個人タクシーの運転手さんが、クラウンを1台購入しなければならないことに比べれば、
高くても50万円程度の一眼レフは、仕事の道具としては、少しも覚悟のいらない金額ですね。
ぼくは6万円程度の一眼レフで、2010年から6年間も仕事をしてきましたから、
このあたりで高いカメラを買っても、少しも贅沢とは思いません。
市場に買いたいカメラが出てこないので、ずっと同じカメラを使い続けているだけです。

別に機材への要求が厳しいというわけではなく、現在の工業技術で、実売価格15万円ほどで
作れそうなカメラで十分なのですが、新機種が出てくるたびに、違うぞ、いやこれも違うぞ、
おい、そこじゃないだろう・・・というトンチンカンな開発にうんざりするばかりです。

たとえば、どんどん進化すべき内蔵ストロボが、むしろ退化していること。
ニコンが昨年、久々にAPS-Cフォーマットの高級機(D500)を出してきたので、
ぼくにしては珍しく心ときめいたのですが、スペック表を見て、わずか30秒で却下。
2016年発売の最新機種に、なぜ内蔵ストロボが搭載されていないのでしょう?
初のストロボ内蔵カメラ、「ピッカリコニカ」が発売されたのは1970年代でしたから、
ストロボが内蔵されていないカメラというのは、ぼくに言わせれば1960年代の遺物に過ぎず、
白黒テレビや、オート三輪(若い人は知らないだろうなあ・・・)を見ているかのようです。
こんなものを、新機種です、といって出してくるメーカーの気概がわかりません。
ぼくの撮る昆虫写真の90%以上は、何らかの形で内蔵ストロボを使用しています。

ニコンとキヤノンが、プロ用の高級機に内蔵ストロボをつけない傾向があることから、
内蔵ストロボなんて、初心者向けのもの、と頭から決めつける人もいますが、
きちんとした技術を持っていれば、内蔵ストロボともう1灯で、この程度の写真は撮れます。
内蔵ストロボを使った写真作例
「内蔵ストロボを使った写真作例」

当ブログ既出の写真ですが、真上からモノブロックのストロボを1灯、
そして手前からは内蔵ストロボ、という2灯照明で撮影しています。
上からのストロボで立体感を描写し、手前からのストロボで色を出しているわけですね。
内蔵ストロボは、外付けストロボよりも、はるかに低い位置から光を撃てるので、
昆虫の体の下に回り込むような低い光線を放つことができます。
上からのストロボによって昆虫の体の下にできる影を薄めるという能力においては、
内蔵ストロボに勝るストロボはありません。

常用感度が3200とか6400とかいう時代に、内蔵ストロボを軽視するのもおかしな話で、
GN12の小さな光量のストロボが、ISO 6400においてはGN96相当にもなるわけですね。
昆虫のような至近距離限定の使用に留まらない、もう十分すぎる光量です。
こんなに便利で必要なものを省略する意図がわからない・・・。

撮像素子の高画素化についても、ここへ来てようやく一段落した感がありますが、
一昨年ぐらいまでは、新機種が出るたびに、どんどん画素数が増えていき、
結果、画質がメチャメチャになるという事態を招きました。
詳しい原理はぼくにはわかりませんが、レンズの回折という現象が、
高画素カメラでは非常に目立つのです。
APS-Cという撮像素子サイズのカメラにおいては、2400万画素以上になると
全く使いものにならないことがわかりました(ぼくのメイン機種は、1600万画素機です)。

深いピントが欲しいと思えば、レンズを絞って使うことになりますが、
絞りすぎると、逆にどこにもピントが合っていないような、モヤッとした写真になります。
これが回折という現象ですが、1600万画素機ではF18まで絞っても気にならなかった回折が、
2400万画素機では、F11までが限界(ぼくの基準です)であることが実写してわかりました。
ピントの深い昆虫写真は、決して撮れないF値です。

回折というのは、基本的にはレンズ側の問題であって、ボディ側の高画素化が
物理的にどのように画質劣化に関与しているのか、ぼくには説明できませんが、
そのころ発売されたカメラ雑誌の新機種レポートには、確かに
APS-Cサイズの2400万画素機(実際には機種名が書かれていました)は、
画素ピッチの影響で回折が目立つ。 F5.6からもう影響が出始める、と書かれていました。

実写作例のキャプションでは、「F11からにじんだ感じになり、F16ではもはや使えない」、
といった記述が見られましたが、ぼくの白バック写真の多くはF18で撮られていますから、
「2400万画素機ではF11までしか絞れず、そうであれば、この機種は使いものにならない」、
という印象に非常によく合致します。

別のカメラ雑誌には、「××(カメラの機種名)」では絞りすぎに注意し、
絞ってもF8までで留めておきましょう・・・などと、事もなげに書かれていましたが、
ぼくの写真収入は、「F18に完全に依存」しています。
F8以下で撮った写真など、年間5カットも売れないんじゃないだろうか・・・。

そもそも、普通のレンズにはF2.8あたりからF32程度までの絞り値が用意されているわけで、
F2.8~F8までしか使えないカメラボディというのは、
レンズ側に用意されている絞りの選択肢の半分以上が使えないわけですから、本末転倒です。
昆虫撮影に限らず、これでは高画素機など使えないと判断するカメラマンは、
ほかのジャンルにもいるのではないでしょうか。
カメラの高画素化はもう後戻りしないだろうし、回折が物理現象なら、対策もできない。
そう思って暗澹たる思いでいましたが、
その後、先に紹介したD500という昨年発売のカメラが、画素数を減らして出てきました。

大英断だと思って、それだけに期待も大きかったのですが、
ストロボに関しては1960年代なみ、というのは、何ともちぐはぐな開発です。
5~6年前には平均的なスペックだった、
「APS-Cサイズのフォーマットで、1/250秒で内蔵ストロボが使える1600万画素機」を、
イマドキの常用感度6400仕様で作ってくれればそれで十分で、
たったそれだけのささやかな願いをかなえるカメラがひとつもないというのは、
たいへん奇妙なことに思います。

ぼくの使用機材一式は、過去記事に詳細が出ていますので、
興味のある方は、以下をご覧ください。
内蔵ストロボの使い方は、「2014.09.30 日帰りセット(機材紹介/その3)」に詳しいです。
しかし、2014年9月から何ひとつ機材が変わっていないというのも、何だかなあ・・・。

2014.09.24 日帰りセット(機材紹介/その1)
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

2014.09.27 日帰りセット(機材紹介/その2)
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

2014.09.30 日帰りセット(機材紹介/その3)
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

現在、新しい本の準備を進めています。
詳細は、いずれまた当ブログにてご案内をさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 立教大学の野中健一教授にお誘いいただき、
昆虫食パーティー「ムシパ」に参加しました。
野中先生は、ご専門が「環境地理学」や「民族生物学」で、昆虫食文化研究の権威。
『虫はごちそう!』(小峰書店)や、『虫食む人々の暮らし』(NHKブックス)
などのベストセラーがあります。

ぼくは昆虫を食べることに、全く抵抗はありませんが、口に入れてしまうと
写真は撮れなくなるので(笑)、ふだんは食べる機会が全くありません。
透明の袋に入った昆虫食材がズラリと並ぶと、期待に胸が高まります。

さまざまな昆虫食材
「さまざまな昆虫食材」

メニューは、セミ、カメムシ、シロアリの女王、シロアリのワーカー(働きアリ)、
バッタ、地蜂(=クロスズメバチ)、カイコ(蛹)、モパニムシ(幼虫)など。
地蜂とカイコ以外は外国の昆虫で、「モパニムシ」というのは、
「モパニ」の葉を食べるという、南アフリカ産のヤママユガ科の蛾の幼虫だそうです。
昆虫本来の味を損なわないように、まずは薄味のクラッカーに載せた状態で、
シロアリやバッタなどをいただきます。

シロアリ(女王)、シロアリ(ワーカー)、バッタ
「左から、シロアリ(女王アリ)、シロアリ(働きアリ)、バッタ」

バッタは、「チャップリン」と呼ばれるメキシコ産の種類だそうで、
シロアリは、産地はうっかり聞きそびれてしまいましたが、
「働きアリより、女王アリの方がおいしい」とか。
イナゴの佃煮を食べた経験はあるので、かなり濃い味を想像していましたが、
どの虫も、意外なほどの薄味。途中からはクラッカー載せをやめて、
しっかりと味わえるように、虫だけをいただくことにしました。
シロアリは、確かに女王の方がずっとおいしい。味以前に、舌ざわりが全然ちがいます。
働きアリは「兵アリ」と呼ばれる大あごの発達したタイプで、
それでひときわ硬く、舌ざわりがよくないのでしょう。

セミ、カメムシ、カイコ(蛹)
「左から、セミ、カメムシ、カイコ(蛹)」

虫だけで味わってみた3種。
カイコの蛹だけは、これまでにも食べた経験があるのですが、
「ものすごくまずかった」という記憶しかありません。
「粉薬の詰まった袋」といった食感で、前に食べた時は、
噛んでいるとむせてしまいそうでした。そのくせ、袋(=外皮)の方は硬く、
いつまで噛んでいても口の中から消えてくれない、そんな印象を持っています。
今回の調理法では、そのあたりが多少改善されている・・・というお話でしたが、
う~ん、どうかな?(笑)。やはり、カイコの蛹はぼくの口には合わないようです。
「ナッツのような味がする」という評判のセミは、実際にそのとおりでビックリ。

宴もたけなわ
「宴もたけなわ」

野中先生の、おもしろくてためになるお話を聴きながら、
その場で昆虫を次々に味わってみられるというのは、なんとも贅沢なひとときです。
意外なことに、女性の参加者のほうが多く、中にはこんな方も。

野中先生と、小尾渚沙アナウンサー
「野中先生と、小尾渚沙アナウンサー」

野中先生の教え子にして、今は文化放送の人気アナウンサー、
小尾 渚沙(おび なぎさ)さんです。
アイドルアナとして、同期のアナウンサー2名と3人組のユニット「JOQガール」
を結成し、CDも出されています。
文化放送のコールサインはJOQRなので、「JOQガール」は、そこからの命名ですね。
虫など、絶対に食べそうにない方に見えますが(笑)、
しっかりと味わっていらっしゃいました。さすがは、野中ゼミ生。

地蜂と、地蜂ごはん
「地蜂と、地蜂ごはん」

地蜂(クロスズメバチ)のごはん。
やはり日本発のメニューは、ひときわおいしく感じられます。
噛んでいると、鼻から甘い香りが心地よく抜けていきますが、
ハチそのものの味が、ごはんを甘くしているそうです。
容器に入っているのが食材の状態。幼虫と蛹です。
蛹は、色づいて黒くなった羽化まぢかのものと、色づく前の、未熟なもの。
未熟な状態の方がやわらかく、おいしく感じられますが、
羽化まぢかのカリッとした感じも、これはこれで魅力的だと思います。

モパニムシのミネストローネ
「モパニムシのミネストローネ」

本日のメインディッシュ、「モパニムシのミネストローネ」。
イモムシの姿そのままのビジュアルなので、絶対にイヤだという人もいるでしょうね。
味は、正直に言えば、期待したほどおいしくはなかった(笑)。
イモムシのやわらかなイメージから想像したよりも、外皮が非常に硬く、
この食感が、味わいをかなり損なっているのではないかな・・・と思いました。
昆虫は外骨格ですから、外皮は硬くて当然なのですが、外皮を取り除くだけで
味が5割増しになるのでは? と思えるものがいくつかありました。

デザートなど
「デザートなど」

左から、シロアリのヌテラ(チョコレート風味の甘いスプレッド)、
エリサンの缶詰め、そして、食べものではありませんが、
カメムシと蘭から「におい成分」を抽出して作られたという、タイの香水。
これは文句なしに、よい香りがしました。

昆虫食材は高エネルギーで、少しの量で、満腹感が得られやすいのだそうです。
そうとは知らずに、虫だけでは足りないのでは・・・と思ったぼくは、
軽くおそばを食べてから参加したのですが、いらざる心配でした。
2013年には、国連食糧農業機関(FAO)が、「世界的な食糧問題の対策の一つとして
有益な食材になり得る」と、昆虫食を推奨する内容の報告書を発表し、
当時、各種メディアから「昆虫食が世界を救う!?」として大々的に報道されましたが、
日本でも本当に、昆虫があたりまえのように食卓に並ぶ時代が来るのかもしれませんね。

それにしても、楽しいパーティーでした。
野中先生、ありがとうございました!
 ぼくは 「おばあちゃん子」で育ったせいか、
年配の女性とお話をしていると、非常に穏やかな、満たされた思いになります。
血のつながったおばあちゃんは、ずいぶん前に死んでしまったけれど、
その後も、「慕うおばあちゃんがいる」という状況がとても好きです。
自分も50歳をすぎて、いい年こいたおっさんなのですが・・・。

そんな、慕っていたおばあちゃんが、亡くなってしまいました。
地元のフィールドに出かける際、
食事のためにかならず立ち寄っていた、老夫婦の経営するレストラン。
和・洋・中なんでも作ることができ、腕のよい料理人であるご主人と、
いつも太陽のような笑顔で迎えてくれたおばあちゃん。

昨年末から2回続けて姿が見えず、ご主人と見知らぬウエイターさんだけなので、
とても心配していました。 3回目となる今回も不在で、食事を終えて支払いの際に、
思い切って、「最近、おかみさんの姿が見えないけれど、お元気でしょうか?」
とご主人に訊ねてみました。
すると、「言おうかどうか、迷っていたのですが・・・」という言葉につづき、
「12月に亡くなりました」、というお返事が。

「入院しています」、というぐらいのお返事は覚悟していたけれど、
まさか、亡くなっていたとは・・・。
食事の合間に世間話をするぐらいで、お名前も知らないおばあちゃんでしたが、
1日の撮影を終えたあと、すっかりおなかをすかせて到着するぼくを、
あの満面の笑顔で迎えてくれることはもうないのだと思うと、悲しくて仕方がありません。
「二度と会えない人」が、またひとり増えてしまいました。

事前になんの兆候もなく、就寝中のまさかの急死だったそうで、亡くなったご本人も、
新しい年の春を迎えることができないとは、夢にも思わなかったでしょう。

春の光景
「春の光景」

今回はフィールドの帰りではなく、おばあちゃんの安否を確かめるためだけに
お店に寄ったわけですが、
覚悟していた以上の、最悪のニュースを聞くことになってしまいました。

親戚が亡くなれば、連絡が来るけれど、亡くなっても、連絡がもらえるような関係ではない。
そんな人のなかにも、自分にとって、かけがえのない人がいるものですね。

暗い話題なので、写真だけでも明るいものをアップしておきます。
そのレストランで食事した、3年前の春の日。
いつものフィールドで撮った写真。
 先週の金曜日のこと。
プラタナスの巨木の下を歩いていると、樹皮がぱらぱらっと落ちてきました。

落ちてきた樹皮
「落ちてきた樹皮」

風もないのに、いったい何ごと? と見上げれば、4メートルほどの高さに鳥の姿が。
幹の垂直面に止まるその姿勢から、一瞬、こんな都心にコゲラ(キツツキ)? 
と驚いたのですが、すぐに、ああムクドリか・・・と気づきました。

いったい何をしているのだろう? と見ていると、
樹皮を次々に剥いでは、その下にいる何かを食べているようです。
捕食対象にくちばしを垂直につきたてる 「ついばむ」スタイルではなく、
樹皮を剥いだあとの幹に頬をこすりつけるようにして、くちばしの側面を使い、
何かをこそげるようにして食べています。

このプラタナスには、暖かくなれば多数の「プラタナスグンバイ」が発生するのを
毎年のように見ており、今の時期は、樹皮下に集団を作って越冬しているはずです。

プラタナスグンバイ(白バック)
「プラタナスグンバイ」

プラタナスグンバイというのは、
日本では2001年に初めて見つかった北米原産の外来種で、セミに近いなかまですが、
ムクドリはおそらく、そのプラタナスグンバイの越冬集団を食べているのでは
ないかと思います。
食べているものが、ぼくの位置からはまったく見えないというのも判断の根拠で、
体長3ミリ強ほどの小さい虫ですから、この距離からは絶対に見えないはずです。
頬をこすりつけるようにして、くちばしの側面を使っていることも、
いかにも「微小な昆虫の集団をまとめて食べている」ように見えます。

で、その写真はどこ? と突っ込まれる展開ですが、
実はちょうどカメラを体から離したところで、うかつにもぼくは「丸腰」でした。
ダッシュでカメラのところまで引き返し、5分もかからずに現場に戻ったのですが、
すでにムクドリの姿はなし。 地上に散らばる樹皮だけの写真になってしまいました。
やはり、カメラは肌身離さず持っていないといけませんねえ・・・。
樹皮をひろい上げて、プラタナスグンバイの姿をさがしましたが、見つからず。
といっても、ぼくの過去の観察事例では、樹皮下で越冬するプラタナスグンバイは、
たいてい樹皮側ではなく、幹側に集団を作っているので、
こんなことも十分ありそうに思えます。

この日の夜は、業界の新年会。
立食パーティーの開始を待つ間、昆虫写真家で集まって談笑しているところを、
科学絵本の編集者のIさんに撮っていただきました。

新年会にて
「新年会にて」

右から、仙台の中瀬潤さん、宮崎の新開孝さん、ぼく、沖縄の湊和雄さん
こんな大御所に囲まれて、4コマ漫画のオチみたいなぼくは、
いちばん隅っこに座らないといけませんねえ。 湊さんすみません・・・。
2016.01.01  謹賀新年
 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年は、1年以上も前から会期が決まっていた
新刊発売記念の写真展にぶじ間に合って、2冊の本を出版することができました。
最新刊の、『調べてみよう 名前のひみつ 昆虫図鑑』(汐文社)が、
ちょうど10冊目の著書ということになります。
税別3200円と高い本ですが、お近くの図書館などにリクエストしていただければ幸いです。

著書紹介2016元旦
「2015年の新刊(上段中央の2冊)」

もう一つの新刊 『虫とツーショット ― 自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ』
(文一総合出版 ・ 税別1200円)は、
新聞や雑誌、ネットメディアなどに、数多くの書評や取材記事を掲載していただきました。
現在もネット上でご覧いただけるものとしては、デイリーポータルさんの記事や、
メレ山メレ子さんによる書評などがありますので、ぜひお読みいただければ幸いです。

「デイリーポータルZ」 (2015年8月12日記事)
http://portal.nifty.com/kiji/150812194292_1.htm

「メレンゲが腐るほど恋したい」 (2015年6月13日記事)
http://mereco.hatenadiary.com/entry/20150613/1434176503

現在、また新しい本の準備を進めています。
完成間近となりましたら、当ブログにてご案内させていただきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。