2015.07.26  残りわずか
 写真展の会期も、残すところ1週間を切りました(31日まで)。
とは言え、多くの写真展の会期は6日間(ギャラリーが定休日になる曜日に入れ替えを行って、
次の定休日までの6日間)ですから、普通であれば、今日が初日みたいなものです。
1ヶ月間もの長きにわたって、写真展の開催をお許しいただいたジュンク堂さんに感謝です。

在廊(会場にいる)日程を、随時、ブログでお知らせするつもりでおりましたが、
当日にならないとわからないというケースばかりで、全く予定が立ちませんでした。
申しわけありません。とりあえず、28日(火)にはトークイベントがありますので、
16時以降は、写真展会場となっているジュンク堂書店池袋本店の7階に、
出たり入ったりしていると思います(トークイベントは4階)。

なお、トークイベントは、すでにご予約で満員となっております。
お申し込み、ありがとうございました。

インフォメーション・ボード
「店頭の INFORMAION」

それ以外の在廊日程は、
29日(水)17:30~18:30頃
31日(金)14:30~16:00(最終日なので、16:00から撤収に入ります)
を予定しています。

こちらもブログでお知らせしてあった世田谷区の講演会は、22日(水)に終了しました。
写真家に学ぶ「虫のふしぎ」「動物のふしぎ」という2週連続の企画で、
ぼくは、「ふしぎな虫の世界」と題して、目玉模様の話や、虫はなぜ光に集まるのか、
また、虫はどうして体が小さいのか、など、多くの写真を使って90分間のお話をしました。
18日(土)に行われた、ナショナル・モスウイークのキックオフイベントで、
たくさんの写真を使った神保宇嗣さんの講演がとても面白く、
90分間で何点の写真を使用されるかカウントしていたところ、180点超というもので、
それでも、写真送りが早すぎて困るという感じは全然しなかったので、
ぼくも真似をして、多くの写真を用意したところ、208点にもなってしまいました。

世田谷区講演会
「講演会で使ったライトトラップの写真と、会場からの質問にお答えしているところ」

7月も終盤となり、ぼくの行きつけの樹液酒場(近所のクヌギの木)も、
夏の虫たちでにぎわっています。
23日(木)には、1本の木で10匹以上のノコギリクワガタを見ました。
その少し前には、同じ樹液でベニスズメを採集し、奇跡的に無傷で持ち帰れたので、
満足のいく白バック写真を撮影することができました。
これは非常に幸運な例で、普通ならば、まず翅がボロボロになってしまうでしょう。
エゾスズメの写真を使おうと思っていた企画があるのですが、
これで、美しいベニスズメに差し替えることができそうです。

ベニスズメ(白バック)
「ベニスズメ(白バック)」
 本日7月1日より、ジュンク堂書店 池袋本店にて写真展が始まりました。
多くの方のご来場をお待ちしております。

ジュンク堂ポスターWeb用
「写真展&トークイベントのポスター」
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=8947

きのうは、2時半よりバックヤードで下準備を始め、
壁面飾りつけが終ったのが7時半過ぎ。
お手伝いのみなさん、ありがとうございました。
長身のIさんが来てくださって、大助かりでした。

高所設営作業中のIさん
「高所設営作業中のIさん」

会場が書店ですから、写真専用のギャラリーとちがって、
作家の正式な「在廊」をアナウンスできませんが、 3~4日に1回ぐらいは、
夕方の5時半頃から1時間ほど、7階のフロアをうろうろしていると思いますので、
見かけたらお声をかけてください。
はっきり、「この日は行きます」と言える場合は、このブログでお知らせいたします。

で、今日、壁面への固定の甘いものがあるのを発見したので、固定資材追加のため、
明日2日は、5時半~6時頃に行きます。その次は、おそらく来週になると思います。

(※ 前回ご案内した世田谷区の講演会は、お申込み期間が短く、7日までだそうです。)
 新刊2冊に、写真展開催、トークイベントと、盛りだくさんのお知らせです。
まずは、新刊のご案内から。

『虫とツーショット -自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ』
  文一総合出版.5月25日発売.40ページ.定価1200円+税

『調べてみよう 名前のひみつ 昆虫図鑑』
  汐文社.6月下旬発売.64ページ.定価3200円+税(予定)

後者は、まだ表紙のデザインが決まっておりません。前者の表紙はこちらです。
「虫とツーショット」表紙・ Web用データ
『虫とツーショット -自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ』
(まだジュンク堂のサイトには出て来ないようなので、リンク先はアマゾンです。)

『虫とツーショット -自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ』 は、その名のとおり、
虫といっしょの記念写真を、ぼくがすべて自撮りで撮ってみせた写真絵本です。

『調べてみよう 名前のひみつ 昆虫図鑑』 は、児童書ですが、豪華写真集といった感じの
造りで、かなり見ごたえがあると思います。 その分、少々お値段が張りますが・・・。

次に、写真展のご案内。
ジュンク堂ポスターWeb用
「写真展 & トークショーのポスター」

ジュンク堂書店 池袋本店の7F壁面にて、新刊2冊の出版記念写真展を行います。
「虫を感じる。虫を識(し)る。森上信夫写真展」。
会期は、7月1日(水)~31日(金)の1ヶ月間。 期間内無休です。
ジュンク堂書店の公式サイトはこちら。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=8945

最後に、トークショーのご案内。
写真展の会期中に、トークショーを行います。お相手は、昆虫エッセイストの鈴木海花さん。
「直球と変化球 ― 森上信夫、2冊の新刊を語る」。
7月28日(火) 19:30~21:00。
ジュンク堂書店の公式サイトはこちらです。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=8947

とりあえずの告知でした。いずれまた、詳しくご案内したいと思います。
2015.02.09  「虫cafe!」
 以前、このブログ内でもご案内いたしましたが、昨日2月8日(日)に、
渋谷のアイリッシュパブ「Failte」で行われた「虫cafe!」に、出演してきました。
10人(欠席が出たので9人)のプレゼンターが入れ替わり立ち替わり登場し、
ひとり5分という短い持ち時間の中で、画像を見せながら虫のお話しをするという
「ライトニング・トーク」の形式で、最後は会場からの投票によって順位を決める、
というイベントです。

トーク風景。
「トーク風景」 (「そよ風ふく」さん撮影)

ぼくは、次に出す本の一部ネタバレを覚悟の上、お話しをしてきたのですが、
人気投票の結果は、「3位」というビミョーなもの(笑)。
いちおう、3位までは表彰され、賞品もいただいたのですが、
こういう中途半端な順位は、ツッコミ甲斐がありませんね。
ロンドンハーツの「格付けしあう女たち」で言えば、「中の上」みたいな順位で、
番組なら、オンエアですっと流されてしまいそうな、そんな結果でした。

ちなみに、1位は、12月30日の当ブログにご登場いただいた、川北和倫さん
ぼくも含め、「埼玉昆虫談話会」の会員が、入賞者の67%を占めるという
結果になりました(笑)。

編集者のNさんとSさん、こんなことで外出してすみません。
もうすでに、本の制作に戻っておりますので、お許しを。
2014.12.26  年の瀬
 2014年も押し詰まってきました。
きのうは、年賀状を出したあと、とんかつの「和幸」へ行って食事をしましたが、
ずいぶん空いているなあ・・・と不思議に思い、ああそうか、今日はクリスマスだったな・・・、
と納得しました。世間の多くの人にとっては、とんかつの気分ではないのでしょう(笑)。

年賀状 & シジミの貝殻
「年賀状 & シジミの貝殻」

ぼくは、どっぷり昭和に浸かった人間なので、伝統として廃れつつある年賀状も、
毎年かならず出しています。枚数が多いので、切手を貼るのが現実的ではなく、
そこだけは、「料金別納スタンプ」で済ませていますが。
「和幸」へ行ったのは、ここの定食に、シジミの味噌汁がついてくることを
思い出したからです。 
「シジミチョウ」という名は、二枚貝であるシジミ貝との相似から来ている、
というのが定説ですが、その資料写真を撮るために、シジミの貝殻が欲しかったのですね。
こうして、タッパーに集めて貝殻だけを持ち帰りましたが、ものすごく怪しい客です(笑)。
クリスマスだというのに、この人はいったい何をやっているのだろう・・・。

12月14日の記事「おだやかな冬の日」で、何人かの仲間と飯能のフィールドを歩いたという
話題をアップしましたが、ご一緒した「昆虫記者」と、「昆虫エッセイスト」のブログでも、
当日の様子がアップされていますので、ご紹介します。
「虫撮る人々」
http://blogs.yahoo.co.jp/mushikisya/11967095.html
「鈴木海花の虫目で歩けば」
http://blog.goo.ne.jp/mushidoko64/e/9818d46c0f2f57b49f0699481c7086b3
同じ場所を一緒に歩きながらも、視点や視座が人によって異なるのがおもしろいと思います。

きょう26日は、ベランダに置いてある蛾の蛹のケースを点検しました。
野外と同じ時期に羽化させたい蛹は、冬の間、湿らせた水苔に埋めた状態で、
その飼育ケースを外気温と同じ場所に保管しています。
イボタガやエゾヨツメ、トビモンオオエダシャク、オオミズアオなどがいますが、
気をつけなければならないのは、過度の乾燥です。保水効果の高い水苔と言えど、
関東の冬の乾燥した気候のもとでは、月に1回は様子を見て、
乾いていたら、水を補充しなければなりません。

その飼育ケースの1つを取りだしたところ、2つのケースの隙間に身を潜めている
お客さんがいました。
クビキリギス。 成虫越冬するキリギリスの仲間です。
越冬中のクビキリギス
「越冬中のクビキリギス」

12月初旬の点検時には、ここにいなかったことは確実ですので、すっかり寒くなってから、
越冬場所を求めて移動してきたのでしょう。11月中には越冬場所を決めてしまうのかと
思っていましたが、そうでもないようです。

さて、来年2月8日(日)に行われる「虫cafe!」のご案内をそろそろ・・・と思い、
先ほど、「特設サイト」↓を見てみたのですが、すでにチケットは完売とのこと。
http://www.mushikura.net/20150208/20150208.html
「むしトー ーク!」というライトニング・トークのコーナーにぼくも出演するのですが、
12月10日のチケット発売日より前に、ご案内しておかなければならなかったようです。
上記サイトの下の方に、出演者一覧が出ています。
すでにチケットをお持ちの方とは、2月8日にお会いしましょう・・・という
少々まぬけな告知となってしまいました。

明日は、今年最後のフィールド。
虫仲間と、フユシャク(冬だけに現れるシャク蛾)の姿を求めて、夜の森へ出かけてきます。