台風21号で大荒れだった日曜日、日本昆虫協会による「夏休み昆虫研究大賞」
の審査にゲスト審査員として参加してきました。小中学生による応募で、
昆虫を素材にした(1)研究論文、(2)標本、(3)写真、(4)美術、(5)文学 
という5つのジャンルで賞を競うものです。全ジャンルの中から、大賞が1点だけ
選ばれますが、今年は大賞にふさわしい作品が5点もある水準の高さで、
なかなか大賞が決まりませんでした。ぼくは、お一人の方(小学生)へ
審査員特別賞を出しましたので、来月の表彰式でお会いできるのが楽しみです。

 さて、樹木図鑑作家の林 将之さんから、
すばらしい新刊を送っていただきましたので、ご紹介したいと思います。
『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』(廣済堂出版)。

『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』
『秋の樹木図鑑 (紅葉・実・どんぐりで見分ける400種)』

相変わらずの美しいスキャン画像に加えて、名前のわからない樹種を調べる際に、
目的のページへ誘導するさまざまな工夫がなされており、「葉形インデックス」や
「紅葉・黄葉一覧表」、「果実・どんぐり・松かさ一覧表」のいずれかを使うことで、
ものによっては数秒でお目当ての樹種にたどりつけてしまいます。
「紅葉・黄葉一覧表」などは、眺めているだけでもしあわせな気持ちになれる、
非常に美しいページです。

ぼくはプラタナス類にはかなり詳しいので、プラタナスのページがあれば、
そこを見ることで、植物図鑑の評価がしやすいのですが、
・身近に見られる「プラタナス類」には3種類あること。
 その出自や原産地についての解説。
・その3種類の見分け方を、葉と樹皮、果実(集合果)のつき方の
 それぞれのパーツで解説していること。
・プラタナスの和訳=スズカケノキではなく、
 この呼称がグループの総称であるとハッキリ書かれていること。
・「プラタナス類」は街路樹として、かつては第3位の人気を誇っていたが、
 最近は第10位まで順位を下げていること。
などなど、文句のつけようのない情報量を誇っています(ぼくも、順位を
下げているのは知っていましたが、10位まで落ちているとは知らなかった)。

また、本書ならではの情報として、すべての学名にカタカナでルビが振ってある
というきめ細かな配慮がなされている点が挙げられます。ラテン語の学名は、
ローマ字読みに近いものではあるのですが、大学で分類学に触れる機会のなかった
ぼくのような文系学部出身者は、(本当にこの読みで合ってるか?)と
おそるおそる口にしているという現状がありますが、
こういう本が虫の図鑑でも存在すれば、ラテン語のこの綴りはこう読むのだ、
という反復訓練のまたとない教科書になりますね。
この学名のルビだけでも、植物をこれから学びたい人にとっては、
本書を入手する価値があると思います。

林 将之さんの才能は非常にマルチなもので、
この本には「樹木図鑑作家」と書かれているのでその通りご紹介しましたが、
学者であり、写真家であり、また誌面デザイナーでもあります。
誌面デザインまで自分でやる人は非常に珍しいと思いますが、
「一応できます」というレベルではなく、専業の誌面デザイナーと比較しても
相当に上手いほうで、この点は心から敬服しています。

2007年に、林さんと共著で、
『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)を出版しましたが、
この本のデザインも、表紙から中身まで、すべて林さんの手によるものです。
ちょうど10年前、本書の印刷に立ち会ったあと、当時印刷会社のあった
戸田公園駅の駅前で、二人で打ち上げをしたのをなつかしく思い出します。

…というわけで、『昆虫の食草・食樹ハンドブック』のほうも、
引きつづきどうぞよろしくお願いいたします(笑)。

『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)森上信夫・林 将之著
『昆虫の食草・食樹ハンドブック』(文一総合出版)森上信夫・林 将之著
 前回の記事で、ホソオチョウの幼虫の写真をアップしましたが、
撮影中のぼくの写真を、中瀬 潤さんが送ってくれました。

怪しい人影と、その時の撮影カット
「怪しい人影と、その時の撮影カット」

思った以上の怪しさで、まるで、ダンプに轢かれる覚悟で路上にうずくまる
メンタル崩壊オヤジにしか見えませんが、こういう人を見かけても、
ああ、虫を撮っているんだな・・・ということがわかったら、
ひとまず生暖かい目で見守っていただければ助かります。

さて、10月4日にマテバシイの街路樹のある道(さいたま市)を通りかかったとき、
ひこばえ(根ぎわから出る若い株)の中に、1枚の怪しい葉っぱを見つけました。

怪しい葉っぱ(赤い矢印)
「怪しい葉っぱ(赤い矢印)」

葉脈が折れて垂れ下がり、くるんと内側に巻いています。
手に取って裏返せば、思ったとおり、そこにはムラサキツバメの幼虫の姿が。

ムラサキツバメの終齢幼虫(左側が頭)
「ムラサキツバメの終齢幼虫(左側が頭)」

幼虫が周囲にはべらせているアリは、テラニシシリアゲアリでしょうか。
お尻から出す甘い汁(実態はおしっこ)目当てで、幼虫の周辺にはアリが集まってきます。
アリは自然の中では、かなりの強者なので、アリをボディガードに引き連れていれば、
丸腰のイモムシでも外敵から守ってもらえるというわけ。
アブラムシなども同じ戦略を取りますが、
こうした取り巻きのアリを、ぼくはwith Bと呼んでいます。

その翌日、同じ場所を夜に通りかかると、あの葉っぱがもうありません。
懐中電灯で周囲の葉を反対側から照らしてみると・・・。

ムラサキツバメ幼虫の顔
「ムラサキツバメ幼虫の顔」

いました。
少し離れた葉っぱに、逆光に透けた幼虫の姿が浮かび上がります。
ちょうど食事中だったようですね。
普段はなかなか見られない顔が見られてラッキー。

ここまでにアップしたムラサキツバメ幼虫の写真はいずれも、
1万円台で買ったカシオのコンパクトカメラによる撮影で、
安くて軽くて、非常によく写ります。
これから昆虫撮影を始めたい人は、いきなり一眼レフなど買わずに、
しばらくはコンパクトカメラで撮ってみることをおすすめします。

10月7日の夜、同じ場所に採集目的で出かけました。
そろそろさなぎになる準備をするころだと思ったので、自宅で羽化させ、
傷のない状態で成虫の美しい白バック写真が撮りたいと思ったのです。

体色が変化した幼虫(上が頭)
「体色が変化した幼虫(上が頭)」

やはり、さなぎになる兆候の、明らかな体色変化が起きていました。
それまで緑色だったイモムシがピンク色を帯びてきたら、
多くの場合、ほどなく蛹化(ようか)するというサインです
(この写真は一眼レフカメラを使った撮影です)。
幼虫は巣から出て、たった1匹のアリを護衛に引き連れていました。
糸でぶら下がっている赤い塊は、幼虫のフンです。

連れ帰った幼虫は、10月9日にさなぎになりました。
ムラサキツバメは成虫で越冬しますから、今月中に羽化するでしょう。
メスの白バック写真は撮影済みなので、オスが羽化することを期待しています。
ムラサキツバメのメス(白バック)
「ムラサキツバメのメス(白バック)」

それにしても、本種が埼玉県で見られる時代が来るとは思いませんでした。
もともと南方系で、1990年代に初めて高知県で見たときは小躍りしたものでしたが、
あれから四半世紀で、地元でも見られるようになるとは。
ツマグロヒョウモンやナガサキアゲハなどと共に、どこまで北上するのか、
注意して見守っていきたいと思います。
 涼しい風の吹きはじめた先週の日曜日。
仲間と一緒に埼玉県西部の丘陵地帯まで昆虫観察に出かけました。
宮崎の昆虫写真家・新開 孝さんの上京に合わせて
いつもの仲間が集結した、というわけです。

みんなでカメムシ捜索中
「みんなでカメムシ捜索中」

メンバーは、新開さん、仙台の昆虫写真家・中瀬 潤さん、編集者の阿部浩志さん、
ぼく、の4人です。 中瀬 潤さんは、『カゲロウ観察事典』(偕成社)や、
『うまれたよ!アメンボ』(岩崎書店)などの著書がある水生昆虫の写真の名手。
阿部浩志さんは、新開さんの『虫のしわざ観察ガイド』(文一総合出版)や、
ぼくの『虫とツーショット』(文一総合出版)などを手がけた敏腕の編集者です。

シカのヌタ場
「シカのヌタ場」

モミやスギの高木が生い茂る針葉樹の森。
阿部さんに、これがシカのヌタ場だと教えてもらいました。
ヌタ場とは、動物が体表の寄生虫などを落とすために泥浴びをする場所です。
なるほど、よく見れば獣の毛が残っており、ただの水たまりではないことが
窺い知れます。

ホソオチョウの幼虫
「ホソオチョウの幼虫」

森を抜けて、次のポイントまでの移動の途中で見つけたホソオチョウの幼虫。
違法な放蝶により日本に定着したアゲハチョウ科の外来種です。
ウマノスズクサを食草とするため、在来のジャコウアゲハと競合しますが、
ジャコウアゲハの生態的地位を、どの程度圧迫しているのでしょうか?
分布が不連続で局地的であるため、
さまざまな場所で、何度も放蝶がくり返されているのでしょう。

ホソオチョウの前蛹とさなぎ
「ホソオチョウの前蛹とさなぎ」

同じ場所で、前蛹やさなぎも見つかりました。
おそらく、この時期に見つかるさなぎは、来春まで羽化しない越冬蛹でしょう。

ホソオチョウの幼虫がいた環境
「ホソオチョウの幼虫がいた環境」

このように、ダンプカーが地響きを上げて行き過ぎる道路傍で発生しています。
よく見ると、4匹の幼虫が写っていますね。

お昼を食べた後、小高い丘の上に移動すると、
秋のセミ・チッチゼミがさかんに鳴いています。
ジッジッジッジ・・・という地味な鳴き声は、まるでツユムシのようで、
音源の位置がさっぱりわからないということでは、クビキリギスと双璧です。
すぐ目の前にいるようでもあり、ずっと離れたところで鳴いているようでもあり・・・。

チッチゼミをさがす新開さん
「チッチゼミをさがす新開さん」

双眼鏡でチッチゼミの姿をさがす新開さん。
ほどなく、鳴いているのはかなり高い梢であることがわかり、
残念ながら満足な写真の撮れる状況ではありませんでした。

左から、新開さん、ぼく、阿部さん、中瀬さん
「左から、新開さん、ぼく、阿部さん、中瀬さん」

熱い虫談義が交わされた、さわやかな初秋の日曜日。
自然を見つめるまなざしに、三者三様の哲学を感じることができ、
ぼくも大いに刺激を受けて、チッチゼミの丘を後にしました。
2017.09.22  夏の断片-3
 20日に発売された月刊「カメラマン」(モーターマガジン社)10月号で
1ページをいただき、鳴いているスズムシの撮影方法を解説しています。
ご興味のある方はご覧ください。

さて「夏の断片」、今回が最終回です。
前回の記事でアップした写真が、いずれも美しい場面ではなかったので、
今回は作例紹介のように撮影データ込みで、この夏に撮影した虫たちの美しい姿、
かっこいい姿をランダムにアップしたいと思います。
シャッター速度はすべて1/250秒です。

アブラゼミの羽化
「アブラゼミの羽化」
ニコンD7000, 85ミリマクロ, F14, ストロボ3灯(上から、背後から、正面から)。

昆虫の羽化シーンは最高にフォトジェニックなものですが、
その場面に立ち会うのはなかなか難しく、オオカマキリの羽化などは、
羽化の兆候が現れてからカメラの前で28時間も待ち続けたことがあります。
セミの羽化撮影は待ち時間が少なく、地上を歩いている幼虫を見つけたら、
たいていは3時間以内に撮影がスタートできます。

カブトムシのさなぎ
「カブトムシのさなぎ」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ3灯(上から1灯, ガラス板の
下の左右から1灯ずつ)。

さなぎをガラス板に載せており、ガラス板のおよそ20センチ下には
黒い布を敷いています。透明感を出したかったので、左右から逆光を入れています。
上からのストロボは、カメラとシンクロコードで繋がっており、逆光ストロボ2灯は、
上からのストロボ光を受けてワイヤレスで発光が誘発されるように設定してあります。

オオカマキリの威嚇
「オオカマキリの威嚇」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ2灯(上から、 正面から)。

白バック(白い紙)上にカマキリを置いて撮影しています。
真上からのストロボがメインの照明ですが、正面からの内蔵ストロボの発光を受けて
メインストロボの発光が誘発されるように設定してあります。

獲物を待つコガネグモ
「獲物を待つコガネグモ」
ニコンD7000, 10-17ミリ魚眼ズーム(トキナー), F11, ストロボ1灯。

生息環境がわかるように、背景までよく写る魚眼レンズを使用しました。
魚眼レンズ特有の画面効果で、背景の草や木がゆがんで写っていますが、
直線的なものが写りこんでいないので、それほど違和感はないと思います。
X字型の、いわゆる「隠れ帯」がすっかり壊れてしまった状態の巣で、
図鑑等には全く使えない写真になりました。

産卵管をそうじするコロギス
「産卵管をそうじするコロギス」
ニコンD7000, 60ミリマクロ, F18, ストロボ3灯(上から、背後から、正面から)。

産卵後に、産卵管を舐めてそうじするコロギス。
本種の産卵管は背中側に向かって強く湾曲しているので、
産卵管を腹側に向けた状態で口器までちゃんと届くとは意外でした。

本種のように夜行性の昆虫を撮影する際は、逆光を入れないと夜の感じが出ません。
逆光ストロボは、被写体の向こう側に設置しなければならないので、
アブラゼミの羽化のように、被写体が全く移動しない場合であれば
最初からストロボを三脚に固定しますが、
被写体がいかようにも動き回れる場合は、左手に持った棒つきストロボで、
移動する被写体に柔軟に対応できるようにします。
棒つきストロボを使った照明方法については、当ブログの過去記事をご参照ください。
http://moriuenobuo.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
 少し前の記事に書いたクヌギの樹液酒場ですが、
夏の盛りを前に、意外な形で閉店を余儀なくされました。

ある町の、公立の運動公園に隣接した木立の中の1本なのですが、
スズメバチが集まることで、町に「通報」が行ったのでしょう。
樹液の出口すべてを、樹脂でふさがれてしまいました。

「樹液酒場の突然の閉店」
「樹液酒場の突然の閉店」

その後、さらにていねいな処置がほどこされ、ビニールで覆われることに・・・。
ビニール越しに、中が蒸れているのが透けて見えます。

「ビニールで覆われたクヌギの木」
「ビニールで覆われたクヌギの木」

残念な結果に終りましたが、
伐り倒されなかっただけでも、よしとしなければいけないのかもしれません。
運動公園利用者がお弁当を広げる木陰なので、
通報があったら、町も放置はできないでしょう。

夏の断片をもう一つ。

夕方に、低空で旋回飛行をするウスバキトンボがいました。
マンホールの上をかすめるように、何匹も飛び回っています。
何をしているのでしょう?

「マンホールの上を飛び回るウスバキトンボ」
「マンホールの上を飛び回るウスバキトンボ」

もう日が陰るころの時間帯で、コンパクトカメラしか持っていなかったので、
微力な内蔵ストロボでは、トンボの姿がわかるように撮ることは不可能でしたが、
黄色い矢印の物体が2匹のウスバキトンボです。
マンホールに近づいて、赤い矢印の部分を見てみると・・・。

「汚水で発生したユスリカ」
「汚水で発生したユスリカ」

これを食べていたのでしょう。
羽化したユスリカが、次々にマンホールの穴から飛び立っていきます。
こんなエサ場をよく見つけたな、と感心しましたが、集まっていたウスバキトンボは
5匹ほどいました。5匹が別々に、この豊穣のエサ場を見つけ出したのでしょうか、
それとも、先行する1匹の行動を「見とがめて」、
「われも、われも」と割り込んできたのでしょうか。
最初からこの場所で見ていたかったな・・・と思いましたが、
来年また同じ時期にここに来ることがあれば、そんな機会もあるかもしれません。

意外なエサ場といえば、こんな珍しいシーンも。

「コイの死骸から吸汁するアゲハ」
「コイの死骸から吸汁するアゲハ」

花の蜜を吸うはずのアゲハが、腐ったコイの死骸で吸汁していました。
タテハチョウ科ではよく見られるシーンですが、
腐肉から吸汁するアゲハは初めて見ました。
並大抵の腐敗レベルではなく、ここまでの悪臭の中で撮影したのは初めてです。
珍しい場面を撮影できたので、まあ、よしとしましょう。

今回は美しい場面の写真がありませんが、
雨が多く、青空のもとで撮影すること自体が難しい夏でした。
今週末も、台風が日本列島を縦断するようで、
予定していた取材が、果たしてできるかどうか・・・?